「5分でわかる」エコノミークラス症候群の恐怖 原因と対策はどうすればいいの?

皆さんも一度は耳にした事があるであろう「エコノミークラス症候群」について簡単に説明していきたいと思います。

この記事を読むことで、

・エコノミークラス症候群の予防方法
・正しい知識

この二つを手に入れることができます。

すぐに読み終わる内容です。最後まで読み、正しい知識と対策をとりましょう!

エコノミークラス症候群とは?


これまで健康だった人が急に突然死をする病気の一つとしてあげられることの多い病気です。

長時間の飛行機で窮屈な席に同じ体勢で座っていると血流が悪くなります。

そして、飛行機を降りて歩き始めた途端に呼吸困難などを起こしてしまうものです。

もちろんこれは飛行機に乗る人が多く該当するためこのような名前になりましたが、車や電車などその他の交通機関でも長時間同じ体勢をしているとエコノミークラス症候群になる可能性はあります。

医学的にこの病気は「深部静脈塞栓症」と呼ばれていますが、「急性肺塞栓症」と呼ばれることもあります。

ですがこれらはエコノミークラス症候群とほぼ同じ意味を表しています。

エコノミークラス症候群の原因は?


足の筋肉は心臓の次に重要な役割を担っていて、別名「第二のポンプ」と呼ばれています。

歩く、立つなどの運動のより足の筋肉が収縮、弛緩を繰り返すことで足から心臓へと血液を送る事ができます。

しかし窮屈な体勢で長時間、足の筋肉を動かさないと足の血管(特に静脈)の流れが悪くなり、下肢に血栓(血液のかたまり)ができやすくなってしまいます。

その血栓が行動と同時に肺に飛んでいき、「急性肺塞栓症」となるのです。

症状


下肢(特に足や膝)が腫れてきます。

そして次第に激しい痛みを伴ってきます。
血栓が肺に詰まった場合、突然息切れや胸痛が出現。

飛んだ血栓が小さい場合には無症状の場合もあります。
飛んだ血栓が大きい場合には呼吸困難や心臓発作のような重症になりやすいです。

なぜ肺に血栓は詰まると呼吸困難になるのか?
肺の重要な役割は二酸化炭素を酸素に変える役割です。
しかし血栓が詰まる事により、呼吸で酸素を取り込んでも二酸化炭素と取り替える事ができないため体内の酸素量が次第に減少していきます。
呼吸はできていても、実は体内では窒息状態と同じ現象が起こってしまっているのです。

予防


・こまめに水分を取る
・ゆったりとした服装を心がけ、ベルトはなるべく緩める
・寝るときはなるべく足をあげる
・トイレに行くなどして足の筋肉を動かす

・こまめに水分を取る

上空は気圧が低いため、気がつかないうちに水分が蒸発してしまいます。

そうすると血液中の粘度(粘つき)が上昇して血栓ができ易くなってしまいます。

・ゆったりとした服装を心がけ、ベルトはなるべく緩める

ベルトなどをきつく締めてしまうと血液の流れが悪くなってしまいます。

そうなると血栓を作る原因に繋がりますので、出来るだけ控えましょう。

・寝るときはなるべく足をあげる

足から心臓に血液を流すためには重力に逆らう必要があります。

普段であればその負担を筋肉が行ってくれていますが、寝ながら動くことは困難です。

ですのでなるべく足を上げ、下肢に血液を停滞させないようにしましょう。

・トイレに行くなどして足の筋肉を動かす

じっとしていては下肢に血液が停滞して血栓ができる確率が上がります。

ですので通路を歩くなどして足の筋肉を動かしましょう。

窓側で動きにくい場合には足をマッサージする事により同等の効果を得られます。

まとめ

エコノミークラス症候群は皆さんも聞き馴染みのなる名前かと思います。

誰にでもなる可能性がある病気ですが、対策をすれば、予防することが可能です。

予防は難しくありません。できることから始めましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。