「歯磨きで節約生活」正しい歯磨きと歯磨き粉の選び方

今回はただし歯磨きの方法と歯磨き粉も選び方について説明していきます!

正しい歯磨きをすることにより・・・

・初対面の人に好印象を与えることができる!

・病気の予防、数十万円の節約ができる!

しっかりとした歯磨きの知識をつけることによりあなたはこの2つを手に入れることができるのです!

歯磨きは毎日行うものですのです。

間違ったやり方をしてしまっている人は今のうちから正しい方法に直しましょう!

歯磨きの目的とは?


歯磨きといえば掃除です。

虫歯や歯周病の原因となる歯垢を除去することです。

汚れを落とすだけの目的であれば歯磨き粉をつけずに歯磨きをしても効果はあります。

しかし歯磨き粉を使うにはそれなりの目的があります。

歯垢とは食後の歯の表面に付着している最近の塊のことです。
歯垢には粘着性があるため時間が経つにつれて固まり、取れにくくなる性質があります。
歯垢は虫歯や歯周病といった病気の原因となりますのでしっかりと取り除く必要があります。

では歯磨き粉にはどんな効果があるのでしょうか?

なぜ歯磨きをしたほうがいいの?


・虫歯や歯周病などの病気を防ぐ
・口臭を防ぐ
・歯の着色を防ぐ
・タバコのヤニを落とす
・歯垢を落とす
歯磨きをすることによってこれらを防ぐことができます!

歯磨きをすることにより第一印象も良くなります。

例えば初対面の人と話をする時に、ニオイが気になったり歯が黄ばんでいるといいイメージにはなりませんよね…。

人は第一印象で7割が決まると言われています。

第一印象を良くするためにも日頃の歯磨きを怠らないようにしましょう!

歯磨き粉の役割と成分


歯磨き粉を使用する一番の目的は虫歯などの原因となる歯垢(プラーク)を形成されにくくすることです。

そのほかにもホワイトニング効果のある歯磨き粉もありますし、着色を取り除いてくれる歯磨き粉も販売されています。

しかしそれらはあくまで付属であり、本来の目的は虫歯の原因となる歯垢を取り除き、形成されないようにすることです!

歯ブラシも歯磨き粉も一番の目的は歯垢を落とすことに変わりはありませんが原理は異なります。

歯ブラシ→物理的に歯垢を落とす
歯磨き粉→科学的に歯垢を落とす

簡単に考えるとこのようになります。

歯磨き粉には様々な成分が含まれていますので簡単に紹介します!

歯磨き粉の成分
・発泡剤 → 泡立ちを良くして隅々まで磨き残しがないようにする
・湿潤剤 → 歯磨き粉にある程度の潤いを与える
・香味剤 → 爽快感や様々な味をつける
・研磨剤 → 歯の表面についた汚れをしっかり落とす役割

発泡剤は泡を使うことで隅々まで洗い残しがないようとほとんどの歯磨き粉に使われています。

しかし泡立ちすぎることにより、磨き残しや香味剤による爽快感で「しっかり磨けた」と錯覚してしまうデメリットも存在します。

さらに爽快感が強いため口をゆすぐ際に「ゆすぎ過ぎ」になります。

ゆすぎ過ぎると歯磨き粉に含まれるフッ素が歯に浸透する前に流れてしまうのでせっかく歯磨きしても効果が薄れてしまいます。

歯磨き後のゆすぎは一回で十分です。

歯磨きをしっかりしているのに口臭がきになる人


歯磨きをしっかりしているのに口臭がきになる人は少なからずいます。

それは決して歯磨きを間違っているのではなく「舌」に問題があるのかもしれません。

舌に舌苔が溜まっているとそこからニオイが発生してしまうのです。

舌の上に溜まった白い塊のこと。
舌の表面は細かいヒダを形成しています。そのヒダに食べ物のカスや口の中の粘膜が剥がれ溜まっていきます。それにより、舌苔をエサとする最近が住み着いてしまい、結果的にニオイの原因になってしまうのです。

舌苔を取り除くにはどうしたらいいのか?


多少の舌苔であれば健康な人でもあるので問題ありませんが、口臭の原因になるくらい溜まってしまっているのでれば取り除く必要はあります。

1番簡単な方法は舌ブラシで舌を掃除することです!

近くの薬局に行けば購入することができます。

磨き方は簡単で奥から手前にゆっくり優しく舌ブラシを撫でるようにこすります。

・ゴシゴシ力強くしない
・綺麗にしようとしない
この2つはとても重要です!

力強くしてしまうと吐き気に襲われることがあります。

さらにゴシゴシしてしまうと舌を傷つけてしまい、返って舌苔が溜まりやすくなってしまいます。

そして2つ目の「綺麗にしようとしない」も重要です。

健康な人でも少しは舌苔は存在します。

ここで注意しなけれけないのは「溜まり過ぎ」が口臭の原因になるという点です。

綺麗にしようとすると何回も擦ってしまいますが1日に1〜2回程度こするだけでも十分です。

口臭が気になる人の特徴

口の中が綺麗に掃除できていない

やはり歯磨きや舌磨きをしていないと口の中に菌が繁殖して口臭の原因になります。

ただするのではなくしっかりとした歯磨き粉を使い、正しい方法で掃除することが必要です。

だからと言って無理に力一杯歯磨きをしてしまうと歯磨き粉の成分の研磨剤の効果で歯を痛めてしまうので優しくブラッシングしましょう!

唾液の量が少ない

唾液には口の中の細菌の増殖を抑えてくれる役割があります。

しかし唾液の量が少ないと菌が繁殖しやすくなり、舌苔も発生しやすくなります。

自分自身で口が乾きやす人は意識的に水分を多めに取るなどすることにより対策することができます。

唾液減少の原因
・食生活の乱れ
・ストレス
・口呼吸する方
・病気


歯磨きは節約になる!


これは歯ブラシや歯磨き粉を安い物にするというわけではありません!

歯ブラシをサボってしまうといずれ虫歯や歯周病となって最悪の場合自分の歯を失ってしまいます。

そうするとインプラントや入れ歯を選択する方がほとんどだと思います。

しかしそれぞれにはかなり高額なお金がかかります。

それぞれの値段
入れ歯 → 10万円程度
インプラント → 一本30万円程度
もちろん施設や歯の状態によって多少の差はありますが平均的にこのくらいの値段はしてしまいます。

インプラントは自由診療ですので保険を使うことができませんのでそれなりに値段も高くなってしまいます。

もしあなたが30万円貰えるとしたら何をしますか?

今からしっかりとした歯ブラシをすることによって将来的に数十万円を節約することができるのです。

今から歯磨き粉を意識することであなたの将来が明るく楽しいものになることを祈ります!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。