インプラントのメリット・デメリット/インプラント専門医の選び方

インプラントにはどんな種類があるかご存知ですか?

近頃人気の「インプラント」ですが、失った歯を取り戻すための手術をともなう歯科治療です。

虫歯や歯周病や事故などで歯を失ったときに、あごの骨にインプラントを埋め込み、義歯を取り付けます。

ブリッジなどと違い他の歯に負担をかけずに、歯1本から治療を行うことができます。

まずは、インプラントの種類について、構造・素材・形状や種類などをご説明します。

構造は、ざっくり数種類に分かれます。

・インプラント体

人工歯根ともいわれ、あごの骨に埋め込む部分で歯根の代わりとなります。インプラント全体を支える軸となります。

・アパットメント

インプラント体と人工歯を接合する支台が、アパットメントです。

・人口歯

アパットメントの上にかぶせるように接合するものが、人工歯です。笑ったときに口元から見える歯の部分です。

素材は、様々なものが使用されます。

・金属(インプラント体やアパットメントに使用)

アレルギーを起こしにくいとされるチタン合金が主に使用されます。

・セメント

アパットメントの代わりに、歯科用インプラント接着剤のセメントが使用されることがあります。

・ジルコニア

セラミックの一種のジルコニアの上に、セラミックを何層も重ねて作られた人工歯です。耐久性や審美性が優れているので、利用されることが多い素材です。

インプラントのメリット


インプラントに興味はあるけど、どんなメリットがあるの?

と気になりますよね。

インプラントはいくつもの良い点が挙げられます。

・しっかり噛めるようになる

健康な生活には、自分の歯でしっかり咀嚼できることは欠かせません。

あごの骨に埋め込んだインプラントなら、自分の歯と同じような感覚でしっかり噛むことができます。

咀嚼して顔の筋肉を使うことで、アンチエイジングにつながります。

・健康な歯を痛めない

ブリッジ治療では、隣り合う歯を削って装着部分を作ります。

インプラントでは、健康な歯を削って負担をかけることはありません。
(All-on-4(片顎最小4本のインプラントで全ての人工歯を支える治療法)を除く)

・見た目の美しさを保てる

インプラントで人工歯を装着することで、ブリッジや部分入れ歯と違い、色や形が自然で美しい、審美性を保つことができます。

・あごの骨がやせるのを防げる

歯を失って咀嚼で使用しなくなると、骨が少しずつ痩せてきます。

インプラントで人口の歯根を埋め込むことで咀嚼が行えるようになり、骨がやせるのを防ぐことができます。

インプラントのデメリット・リスク


インプラントは優れたメリットがたくさんありますが、知っておくべきデメリットもいくつかあります。

・保険がきかない自由診療である

インプラントは一般的に、ブリッジや入れ歯と比較すると、高額であるといわれています。

保険が使える条件は、下記インプラントは高額と聞くけどコスパはいい?で詳しく説明しますが、適用条件が大変厳しく、通常ほとんどの方はあてはまりません。

一度の支払い負担を軽くするために、分割支払いやクレジット払いなど、複数の支払い方法に対応している医院を検討するのも必要になるでしょう。

・インプラントは手術が必要になる

インプラントは、歯茎を切ってあごの骨にドリルで削り、金属の人工歯根を埋め込む手術を必要とします。

手術を開始する前に歯周病などがあれば口の中のコンディションを手術可能な状態に整える必要もあります。

手術実績が豊富なインプラント専門医を選ぶことがリスクを下げるポイントです。

・治療期間が長い

インプラントは、あごの骨に埋め込んだ金属が骨に定着することが必要です。

そのため、治療期間は、通常3カ月~10カ月かかります。

1か月~3か月で治療が終わるブリッジや入れ歯と比べると、治療に必要な期間は長くなります。

・術後に腫れ・痛みが出る

インプラント手術は、歯茎を切るため術後に腫れや痛みが出ます。

しかし、インプラント治療の技術は日々進化しており、歯茎をなるべく切らずに行う歯科医院も増えています。

切る部分が少ない方法であれば、術後の腫れが目立たず痛みも少ないというメリットがあります。

インプラントを検討する際には、しっかりと相談できる専門医が安心です。

・術後の経過観察・メンテナンスが必要

インプラント手術で歯はきれいになりますが、歯茎の健康維持は別です。

インプラントの寿命を長く保つには、適切な口腔ケアが必要になります。

「インプラント周囲炎」にかかると歯周病のような病気となり、インプラントの寿命が短くなることがあります。

専門的なケアやメンテナンスが必要になります。
そんな場合でも、歯周病の専門医がいるインプラント専門医であれば安心です。

インプラント治療のトラブル・失敗


インプラント手術は、歯科医師免許を持っていればどの歯科医師でも治療ができます。

しかしそれによりトラブルが増えています。

インプラント治療には高度な知識や技術が必要なため、日々勉強をして豊富な経験や知識がある専門医で行うことが望ましいです。

本町通りデンタルクリニックでは、インプラント治療は米国でのインプラント留学歴を持つ2名の専門ドクターのみが担当します。

また、歯周病専門医も在籍しているので、インプラント周囲炎も安心です。

また、術後の不安も「インプラント一生涯保証付」なので、高額治療でも安心して任せられます。

インプラントはどのくらい寿命が持つの?

インプラントは他の治療方法と比べて、長期間にわたり使用することができます。

しっかりとメンテナンスを行い良い状態を保つことが出来れば、一般的にはインプラントの10年以上残存率は9割超え。

10年以上の間使い続けることができ、メンテナンスがしっかりできれば半永久的に利用することができるとされています。

本町通りデンタルクリニックでは、インプラント専門医、歯周病専門医が対応するのに加えて、「インプラント一生涯保証付」です。

治療後の責任とアフターケアが必須だと考えているため、10年後、20年後に何かトラブルや不具合が起きたとしても、全額を負担して修復にあたります。

インプラントは高額と聞くけどコスパはいい?

インプラント治療は、安いところであれば10万円前後からのところもありますが、一般的には30万円~50万円のようです。

しっかりしたカウンセリング、技量のあるインプラント専門医によるインプラント治療、術後の専門的なメンテナンス、すべてを行うには適正な費用が必要となります。

本町通りデンタルクリニックでは、1本33万円(税抜)の明瞭価格で、追加料金は一切ありません。※自由診療

このインプラント料金の中に、永久保証サービスも含まれています。

コスパについては様々な意見があると思います。

1本33万円でインプラント専門医による治療に加えて歯周病専門医による専門的なメンテナンスが受けられます。

さらに永久保証サービスもついているので、安心して治療が受けられるのでコスパは良いのではないかと思います。

お支払いについては、分割払い、デンタルローン、カード払いのいずれかを選択することができます。

インプラントは保険対象になるの?医療費控除は?

インプラント治療は、一般的に歯を失う原因の上位である「虫歯」「歯周病」「破損」「加齢による歯の喪失」などでは保険が適用されません。

インプラントで健康保険が適用されるケースは、下記の場合となり、かなり厳しい条件となっています。

・病気や第三者行為の事故により、あごの骨が広範囲にわたり欠損した
・生まれつきの1/3以上のあごの骨の欠損や形成不全があると診断された

保険適用がきかないインプラント治療ですが、「医療費控除」を利用すれば、治療費の一部が戻ってきます。

インプラント治療は医療費控除の対象になるので、確定申告でしっかり申告をすることで、負担を軽減することができます。

インプラント専門医の選び方


ここまで、インプラントの概要からメリット・デメリットなどをお話してきましたが、最後にインプラント専門医の選び方のポイントをまとめます。

1. 専門知識と技術を習得した経験豊富なインプラント専門医がいること
2.各分野の専門医によるチームケアができること
3. 明瞭な価格表示がされていること
4. インプラントに一生涯保証がついていること

本町通りデンタルクリニックでは、上記4つのすべての項目を満たしています。

インプラントを検討中の方は、無料カウンセリングを一度受けてみることをおすすめします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。