ジェネリックの欠点って?気になる費用や勧める理由とは?

今回のテーマはジェネリックについてです。

結論を先に言ってしまうと、

ジェネリックは安くて安全でよく効く!

・全てジェネリックにすればいいのに
・ジェネリックって聞いたことあるけど正体は知らない

そんなあなた。この記事で解決します。

ジェネリックとは?


医療機関で処方される医療法医薬品(飲み薬)は新薬(先発医薬品)ジェネリック(後発医薬品)に分けられます。

名前の通りジェネリックは「後発医薬品」ですので、後から出てくる薬にとなります。

よく病院に行き、処方箋をもらう時に「ジェネリックでいいですか?」と聞かれたことがあると思いますがまさにそのことです。

別に病院が推奨してオススメしているのではなく国が進めているのです。

なぜジェネリックがいいの?

ジェネリックは新薬よりも価格が安いので患者さんの経済的負担が減ります。

さらに新薬を改良して飲みやすくしてある薬がほとんどなので、飲みやすさの面でも患者さんの負担を和らげてくれます。

ここまで聞くとメリットしかないように聞こえますが、薬を処方してもらう側からしたら安くて飲みやすいのでメリットしかないですよね!

ですがジェネリックはコピー商品。

よくネットショッピングで見かける高級ブランド品のパロディ商品と同じ。

やはり本物と比べるとやはり劣るものがあります。

そしてコピー商品を販売された一部の企業や会社は快く思わないに違いありません。

これではいくら開発されても徳はありませんからね。

新薬開発会社のメリットはあるの?


そうですよね、薬を開発すると言うのはみなさんが思っているよりも時間やお金がすごくかかるものです。

なのにすぐジェネリックに持って行かれたらたまったものじゃないですよね。

新薬開発には数千万〜数億円
新薬販売にかかる期間は約10年
新薬を開発できる確率は1/6000

これほど必死に開発してもすぐにジェネリックにコピー商品を販売されては困ります。

薬を売ろうとしてもジェネリックの方が安かったらみんなジェネリックを選びますよね。

そうすると開発会社は利益なんて出ませんよね。

そこで企業を守るために特許というのが存在します。

特許とは?
開発や発明した側が不利にならないように公開の代償としてある一定期間の独占権を得ることができること

そのため開発会社が新薬を発表したら当分の間、開発会社に利益がある程度出るまでは他の会社はその新薬を発売することはできません。

もし特許がなかったらどの会社も開発をしませんよね。

なぜ国はジェネリックを推奨するのか?


それは医療費に関係してきます。

今は高齢化社会真っ只中。

当然、年齢が高くなるにつれて病院にかかる頻度は増えていきます。

そうなると医療費が増えていくのは容易に理解できると思います。

しかし、あなたは保険証を持っていますよね。

そうすると人によって違ってきますが大体の方は3割負担で済むと思います。

では残りはどこが負担しているのでしょうか?

もちろん病院ではありません、そんなことしたら私たちの給料が・・・

答えは国です。

国が残りの7割を出してくれています

ですが高齢化社会になるにつれて国が負担する金額が増えてきました。

そうした中、注目されたのがジェネリックの存在です。

なぜジェネリックは安いの?

安いと不安という方はいるかわかりませんが、ほとんどの場合、安いのは嬉しいことですよね。

ではなぜ安くできるのか

国が負担してくれている訳ではありません。

答えは開発費用がかからないからです。

先ほども話したように新薬開発には数千万〜数億円という費用がかかります。

その開発費用を補うためには販売費用を高くする必要があります。

そうしなければ会社として成り立たなくなってしまいますからね。

しかしジェネリックは名前の通り後発医薬品。

既存のできてある薬を改良しているので開発費用の数億円分の利益を出す必要がない。

その分、価格を抑えることができます。

価格が安いのは手抜きをしているからではなく、そういう背景があるのです。

さらに既存の薬を改良しているので安全性や飲みやすさもよくなっています。

これを使えば国も患者さんの財布にも優しいですね。

医療費の深刻化


厚生労働省が出した最新の情報(2017年現在)によると42兆4000万円です。

これは国民一人当たり33万7千円という結果になりました。

この医療費は国が負担した額+みなさんが支払った額の合計です。

なので国が背負っている医療費の額ではありませんが、相当大きな額であることは間違いありません。

さらに2年前より国民一人当たり八千円増です。

今の日本社会を見ても今後どんどん増加していくのは容易に想像がつくと思います。

なぜ医療費が増加し続けるのか

まず1つ目としては医療技術の進歩です。

病院で勤めていると毎日のように営業が来て、

「このような機会を開発したのでここで使ってください」

「新しくこのような技術を追加しました」

という勉強会の資料がいたるところのデスクに置かれているのは日常茶飯事です。

そうした技術の進歩に伴い、医療費が高くなっているので医療費が増加傾向にあるのです。

そして技術の進歩によって平均寿命も伸びました。

それに伴い高齢化社会と繋がっています。

寿命が延びたことに関しては喜ばしいことですが、今同じくらい問題なのが少子化ですよね。

医療費の問題やその他の問題から生まれた借金をやりくりすべく税金はどんどん上がっていくという負の連鎖が起きています。

今後の日本はどうなっていくのでしょうか・・・

借金など暗い話はこのくらいにしておきましょう。

では自分にできることはなんでしょう。

それは予防です。

これは自分にできる医療削減の方法になります。

みなさんの将来のためでもありますのでぜひ自分にできることから始めましょう!

予防医療について気になるあなた。

コチラをチェック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。