「その食事大丈夫?」人工透析が必要になる前に読む記事!

随分と前から国内のドナー待ちの患者さんは増える一方です。

しかし、実際に移植手術を受けられる患者さんはほんの一握りです。

今回は臓器移植の中でも腎臓に焦点を合わせて説明していきます。

この記事で紹介する内容を理解すると、将来的に移植を必要としない、健康的な体作りをできる様になります。

なぜなら病院の臨床的観点や、患者さんとお話しする機会があり、その都度色々な話をしてもらえますのでそこからまとめて記事にしたからです。

この記事では腎臓の働き、人工透析の苦悩、について話していきます。

この記事を読み終えると、今後気をつけなければいけないことを理解できる様になります。

腎臓の機能とは


腎臓では身体の中でいらなくなったものが、血管の中の血液から腎臓に送られてきます。

腎臓にはろ過する機能があり、腎臓に血液から送られてきた老廃物をろ過していきます。

そして、ろ過されたものが尿となり体外へ排泄されます。

身体に必要なものはもう一度再吸収され体内へ戻されます。

簡単にいうとフィルターの様な役割をしています。

他にも血圧調節、強い骨を作る、血液を作る、など生命維持をする上で重要な役割を果たしています。

もし腎臓の働きが悪くなると、尿が出なくなります。

そうすると体内に老廃物がたまり、尿毒症という病気にかかってしまいます。

しかし腎臓が悪化していき、自覚症状として現れるまでかなり進行していることが多いです。
そして、気がついた時には末期ということもよくある話です。

肝臓の病気も似た様なことから「沈黙の臓器」とよばれています。

腎臓の代表的な病気

急性/慢性腎不全

腎臓の機能が50%以下になった状態のことを言います。
この状態になると人工透析が必要になってきます。

腎不全とは腎臓に起こり得る症状や病気の結果として腎不全と診断されるため、初めから腎不全になるということではありません。

急性腎不全は何らかの原因によって一時的に腎臓の働きが低下すします。

適切な治療が行われれば可逆性(元に戻る)の疾患です。

慢性腎不全は一時的ではなく、数年〜数十年かけて腎臓に障害が蓄積されるため、不可逆性(元に戻らない)の疾患です。

腎結石(尿路結石)

女性より男性によく見られます。

通常は薬物療法(薬を服用する)で治りますが、石が大きい場合(1㎝以上)では手術が必要になってきます。

症状としては、突然の激痛に襲われ、血尿などの症状が見られます。

泌尿器科の外来でみられる疾患の中ではダントツに罹患率が多いです。

体内のカルシウムなどが固まり、石の様になり、腎臓や尿管(腎臓から尿道までの間)にその石が詰まってしまいます。

糖尿病性腎症

糖尿病の代表的な合併症です。

基本的には数年〜10年前後の糖尿病歴ののち発症します。

腎機能が徐々に低下していき、やがて腎不全になってしまいます。

日本では透析療法に入る腎疾患の1位になっています。

対策はどうする?


これらは生活習慣に関係してくるため、睡眠不足、ストレス、食生活の乱れ、運動不足を見直す必要があります。
生活習慣病は腎臓以外にも、様々な臓器に影響を及ぼします。

生活習慣の乱れは自律神経にも関係してきます。

きになる方は下の記事もチェックしてみてください!

肝臓などの臓器はある程度壊れても、元の状態に修復します。
しかし腎臓は、一度壊れると元に戻らないので定期健診がとても重要です。

めんどくさいと思うかもしれませんが、早期発見できれば治療も簡単です。

「沈黙の臓器」とも呼ばれ、症状が出始めてから検査では手遅れの可能性もあります。

人工透析

人工透析とは、腎不全となり、正常の働きができなくなった場合に行われます。

腎臓は血液から老廃物を排泄する働きがありますが、腎不全ではそれができません。

なので血液を一旦、体外に出し、老廃物を取り除いてから、体内に血液を戻します。

透析時間は人によって異なりますが、1回平均4〜6時間程度かかります。

人工透析は1日に1回、または2、3日に1回透析をする必要があるため、遠出することが困難です。

遠出先に人工透析を行える施設があればいいですが、ない場合は遠出はできません。

このように透析が必要な場合、私生活にかなりの影響を与えます。

透析費用は大体月に50万程度ですが、国から保険が降りるため自己負担額はつき1〜2万円程度です。

日本ではほとんどが人工透析ですが、ヨーロッパでは人工透析と腎移植の割合は半分半分です。

なぜ日本ではほとんどが人工透析なのかと言うと、1番の原因は提供者が少ないことです。

腎移植に関しての情報が十分に伝わっていないことも原因の1つです。

今では自宅で行える在宅血液透析もあるため、負担は少しずつ軽くなりつつあります。

透析患者の食事は?


食事での塩分や水分の取りすぎを避けます。
理由はのどが渇き水分の過剰摂取につながります。

そうすると血液中の水分量が増えるため高血圧を引き起こす可能性が出てきます。
水分は1日600mlくらいに控えましょう。

それに加え、ジュースなどの糖分が多く含まれているものは極力控える必要があります。

そうしなければ、命の危険に晒されてしまう可能性が高くなってしまいます。

まとめ


人工透析が必要になった場合、元の生活に戻るためには移植しか方法はありません。

ですが、自分の希望通りにすぐドナーが見つかるわけではありませんし、お金もかかります。

しかし、今から意識することで将来、人工透析を必要としない自由な生活を手に入れられます。

今からでも遅くはありません。自分のできることから少しずつ、始めていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。