『簡単』自分で自律神経を整える方法!自律神経を乱す食事とは?

自律神経と言うとあまり聞き馴染みがないかと思います。

実は、肩こりや便秘、ホルモンバランスの乱れは自律神経が関係しています。

ここでは自立神経とは何か、自律神経の整え方についてお話ししていきます。

この記事を読むことで、

・少し最近調子が悪い
・なんとなくスッキリしない

この悩みを解決していきます。では早速行きましょう!

自律神経とは


一言で言うと内臓や血管の働きをコントロールして、体内の環境を整えてくれる神経になります。

自律神経は心臓や内臓など全身に存在しています。

知覚や運動神経とは異なり、意思とは関係なく独立しているので、自分の意思で内臓や血管を動かす事はできません。

意識しなくても、消化をしたり、体温維持のために汗をかいたりできるのは自律神経があるからなのです。

自律神経には、交感神経(アクセル)、副交感神経(ブレーキ)の2つがあります。

この2つは1つの器官に対して働くため、2つのバランスが崩れると全身に影響してしまいます。

・心拍数が上がる ・瞳孔が開く ・消化器系の働きを抑制する ・汗が出る
・心拍数が下がる ・瞳孔が閉じる ・消化器系の働きが促進する ・汗が止まる



自律神経が乱れる原因

ストレス

人間関係や仕事などのプレッシャー、緊張といったもの以外にもケガや音や光などもストレスの原因になります。

何にどのくらいストレスを感じるかは個人差はあるので、自分自身は何にストレスを感じやすのかを理解しておくことが大事です。

ストレスを受け続けると交感神経が優位になり続けてしまうため、副交感神経とのバランスが崩れてしまいます。

そして結果的に、不調を引き起こしてしまいます。

生活習慣の乱れ

身体は規則的な生活リズムのもとで、それぞれの器官が役割を果たしています。

しかし、寝不足や栄養不足などの乱れた生活習慣を続けてしまうと自律神経のバランスが崩れてしまいます。

規則的な生活を心がけることで生活のリズムが整い、自律神経の乱れもなくなります。

心身の疾患

精神的、身体的ストレスが原因となり発症してしまう「自律神経失調症」

女性ホルモンの分泌が乱れ、自律神経が乱れる「更年期障害」

このようにストレスや生活習慣だけでなく心身の疾患が原因で自律神経が乱れてしまうこともあります。



自律神経を整える方法


自律神経の乱れを整える方法をいくつかご紹介します。

人によって効き目は個人差があるので自分にあった方法を見つけ、少しずつ生活に取り入れてみましょう!

太陽の光を浴びる

人間に身体はホルモンよって体内時計を調節して、朝と夜のリズムを作っています。

太陽の光を浴びることでホルモンが分泌され、覚醒状態へと脳が切り替わります。

そこから時間と共にホルモンの量が減っていき、眠気を感じるようになり、睡眠へと導いてくれます。

しっかり朝に太陽の光を浴びることで、ホルモンの分泌を刺激し、その日1日をスッキリと過ごせると共に、体内リズムを整える役割もあるのです。

しっかりと湯船に浸かる

寝る前に身体を温める事は非常に大切です。

人間は熱の放出と共に睡眠状態に入る事で良い睡眠をとることが出来ます。入浴してリラックスすると副交感神経の働きが活発になります。

ストレスや生活習慣で自律神経が乱れている人のほとんどが交感神経が優位になってしまっている場合があります。

リラックスして副交感神経を優位にしてあげることで、乱れを整えることが出来ます。

入浴中にお気に入りの香りのアロマを炊いたり、入浴剤を使うとさらにリラックスできるので週に一回はアロマ浴をお勧めです!

「睡眠でモテる」良い睡眠はあなたの健康を支えてくれます!睡眠でモテる方法

コップ一杯の水を飲む

寝ているうちにコップ一杯分の汗をかくのはご存知かと思います。

身体の約60%は水分でできており、寝ている時でさえ水分は失われています。

体内の水分量が少なくなると、狭心症や脳梗塞のリスクが上がる他に、便秘にもなりやすくなってしまいます。

それを予防するためにも、朝起きたらコップ一杯分のお水を飲むようにしましょう。そうすることで快便にもつながります。

休息・ココロサプリ専門店♪セロトニンパワーで心も体もスッキリ♪リラクミンSe

朝ごはんをしっかり食べる

朝食をしっかり食べることで消化器系が刺激され、体内リズムが整ったり、排便をスムーズにしてくれます。

腸内環境を整えてくれるヨーグルトや食物繊維が豊富な野菜をとると更に良いでしょう。



食事で自律神経を整える


実は食べ物でも自律神経を整えることが出来ます。

乳製品(ヨーグルト、牛乳、チーズ)や大豆食品の多くには自律神経整えてくれる栄養素が豊富に含まれています。その他にも魚類ではイワシに多く含まれています。

野菜であればサツマイモとトマトには多くの栄養素が含まれています。

トマトは特に脳や神経をリラックスさせるためのアミノ酸の1つ『GABA(ギャバ)』が多く含まれています。

更にトマトに含まれているリコピンには元気で若々しく過ごすために欠かせない栄養素です。

食べ過ぎは注意ですが、意識的に食べることで更に若々しく入られます!

反対にカフェインは自律神経を乱してしまうので飲み過ぎは要注意です!

その他にも砂糖などの甘い食べ物は内臓の機能を一時的に弱めてしまうので、食べる際は量を決め、食べ過ぎないようにしましょう!

自律神経とは全身に存在しているので、自律神経が乱れるとたちまち全身に悪影響を及ぼしてしまいます。

ですが自律神経をしっかりと整えることができると

・毎日がスッキリとしたいい生活を送れる
・いつまでも若々しく、綺麗を保てる

これらを手に入れることが出来ます。

自律神経は自分の意思で調節することは出来ませんが、特別な事はせずに、生活習慣を少し変えるだけで整えることが出来ます。

病気じゃないけどなんか調子が悪い、気分が乗らないというかたは是非、試してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。