コーヒー以外にも含まれてる?カフェイン効果を最大限活用する!摂取目安量や持続時間は?

カフェインと聞くと「コーヒー」「眠くならない」などをイメージする方が多いと思います。

今回はそんなカフェインの効果についてご紹介していきたいと思います。

この記事を読むことで

・カフェインの正しい知識がつく
・カフェインの効果を最大限に使用できる

これらを手に入れることができます。

日頃よくコーヒーを飲む方や、試験前などでコーヒーを眠気覚ましにする方に向けた内容となっています。

カフェインの効果


カフェインと聞いて真っ先に思いつくのが「眠気覚まし」だと思います。

しかしカフェインにはそのほかにも様々な効果があるのはご存知でしょうか?

覚醒作用   → 眠気を抑制してくれる働き
興奮作用   → 体の疲労感を抑制する働き
利尿作用   → 老廃物を体外へ排出する働き
血管拡張作用 → 血液の流れを促進する働き

これらの作用があります。

コーヒーを飲むとトイレが近くなるのは利尿作用が関係しています。

カフェインの飲み物を飲むと疲労感が抜ける感覚を味わったことがある方も、それはカフェインの作用なのです!

カフェインが含まれている飲み物/食べ物


カフェインは天然に含まれている成分の1つで、コーヒー豆はもちろんのこと、カカオ豆やマテ茶にも含まれています。

ですのでこれらを使った食品にはカフェインが含まれています。

・コーヒー ・緑茶 ・抹茶 ・エナジードリンク(レッドブル、モンスター) ・コーラ ・マウンテンデュー ・ドクターペッパー ・ガム ・サプリメント ・医薬品 ・チョコレート …etc

エナジードリンクを飲んだことがある方ならわかるかと思いますが、眠気がなくなります。

そのほかにも意外にもコーラやマウンテンデューやドクターペッパーにもカフェインが含まれています!

あまり想像していなかったものにも実はカフェインが含まれています。

飲み物や食品には成分表記が義務付けられていますので、きになる方は商品を買う際に見てみてください!

カフェインの作用機序


カフェインを摂取すると中枢(体の重要なところ)を刺激する作用があります。

通常であれば人は脳内の疲れを受け取る器(アデノシン受容体)疲れを伝える物質(アデノシン)が結合することで疲労を感じるようになっています。

しかしカフェインを飲むことで、器と物質が結合することを妨げるため、疲労を感じにくくなるのです!(興奮作用)

カフェインは肝臓から分泌される酵素で代謝されますが、この酵素が持病や薬の副作用でうまく分泌されないとカフェインの作用が強く現れます。

反対に、普段からニコチン(主にタバコ)を摂取している方はカフェインの作用は感じにくくなります。

基本的にカフェインは飲み物などから摂取する場合がほとんどです。

その場合、カフェインを摂取してから効果が現れるまで約1時間かかります。

そこから約3時間後には半分程度にまで減少していきます。

カフェインの適切な摂取量


「1日あたり400mgのカフェインが『人体に悪影響のない許容最大量』」

これを超えてしまうとカフェイン中毒となり、体に様々な悪影響を与えてしまいます。

一般的に推奨されているのは1日あたり300mg程度の量です。

これは普段マグカップ(300ml)でコーヒーを飲んでいる方であれば2〜3杯程度の量になります。

コーヒーはカフェイン含有量が一番多いため、紅茶などであれば1日あたり3〜4杯を目安にするといいでしょう。

ですがカフェインはチョコレートやエナジードリンクなど意外な食べ物にも含まれているため、つい過剰摂取になってしまいがちです。

食べ物や飲み物を買う際は成分表記を見るのがいいでしょう!



カフェイン中毒の危険性


カフェインは脳に作用し、興奮作用や覚醒作用が現れます。

そんな中、あまりにもカフェインを飲み過ぎてしまうと、脳の神経(中枢神経)を過剰に刺激することになり負担がかかります。

その結果、めまいや吐き気、精神不安などの精神症状を引き起こしてしまう恐れがあります。

その他にも妊婦さんがカフェインを過剰に摂取したことにより、低体重の赤ちゃんが生まれ、その将来の健康を害する可能性として、妊婦さんのカフェイン摂取は基本的に制限されています。

頻繁にカフェインを摂取する方は、しだいに体がカフェインに対応していき、効果を感じにくくなります。

こうなってしまうと常にカフェインを摂取していないと集中力が続かない、疲労感に襲われるなど状態が続いてしまいます。

そのような状態になってしまうと、またカフェインを飲んでしまい、結果的にカフェイン中毒を起こしてしまいます。

カフェイン中毒の状態が続いてしまうと、手足のしびれや意識消失など重篤な症状を引き起こしてしまい、最悪の場合、死亡することもあります。

死亡することは非常に稀なケースですが意識消失や痺れは、カフェイン中毒患者に起こる可能性が高いので注意が必要があります。

もしこのような症状が現れたら近くの医療機関を受診しましょう!

いかがでしたでしょうか?

あなたのカフェインに対する考え方をこの記事で少しでも変えることができたのであれば幸いです。

残業の疲れや試験前などでコーヒーやエナジードリンクに頼る人も多いと思います。

適切な量であればあなたに良い効果をもたらしてくれますが、過剰に摂取してしまうと体にとっては悪影響となります。

少し意識を変えるだけでも健康を保つことは可能です。

せっかく飲むなら健康的に体に良い飲み方をしてみませんか?

今では食物繊維を多く含んだものやその他の栄養素を多く含んだ商品が数多く出ています。それらに変えるだけでも健康を保つことはできます。

明日からではなく、今から変えていきましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。