季節の変わり目の頭痛の原因は寒暖差疲労によるもの!対策/予防すれば問題なし!

初めまして!
放射線技師のFUJI@ブロガーです。

皆さんは季節の変わり目や冬の寒い時期、夏場のクーラーによって体調を崩したことはありませんか?

最近ではこれらが原因で体調を崩す人が増加傾向にあります。

今回はそんなお悩みの方に向けての記事になります。

・季節の変わり目の体調不良をどうにかしたい
・対策があるのであれば知りたい

これらの悩みを解決していきます。

結論から言うと・・・

これらの原因は寒暖差疲労と言うものです。

寒暖差疲労とは?

 


寒暖差疲労とは、私たちの体が「寒暖差によって疲労が蓄積した状態」です。

季節の変わり目に大きな気温の変化、朝と夜とで気温差が激しいと、体は寒暖差を感じて疲労を溜め込んでしまうのです。

成人の平熱は、個人差はあるものの、大体36℃前後、高くても37℃前半くらいに保たれています。

人間の体には、暑いと血流を促進させ汗をかく、寒いと毛穴を閉じて熱をためる、外気温に応じて体温調節を行う機能「ホメオスタシス(恒常性)」が備わっています。

この体温調節の役割を担う神経が「自律神経」です。

この自律神経が正常に機能するためには、一定のエネルギーが必要です。

多少の気温差であればエネルギー消費量はそれほど多くありません。

しかし気温差が大きいほどこのエネルギー消費も大きくなります。

気温差が激しい状態が続きエネルギーが枯渇すると、体が疲れを感じてしまうのです。

一般的に寒暖差疲労は、本格的に冷え込む冬に起こりやすくなります。

一日の最低/最高気温の差が大きくなること、暖房機器を使用することで室内外の気温差も広がることで、体が寒暖差のある環境に置かれることが原因としてあげられます。

こうした寒暖差の激しい環境で生活を続けると、体は気温差に対応しようと何度も熱を作る→逃がすを繰り返すため、必要以上にエネルギーを消費してしまいます。

その結果、エネルギーが枯渇し、寒暖差疲労が蓄積し、自律神経も乱れてしまいます。

最近では、空調が完備された環境が増えたこと、寒暖差疲労を訴える人が増加傾向にあります。

昼と夜との寒暖差が大きくなりがちな季節の変わり目、暖かい室内から気温の低い室外へ移動する場合などは寒暖差疲労がたまりやすいので注意が必要です。

夏の時期、クーラーの冷えで頭痛が起こる人もいます。これも寒暖差疲労が関係しています。

寒暖差疲労によって引き起こる健康リスク


急激な温度変化は、肉体面のみならず精神面にも影響を及ぼします。

肉体的影響
頭痛やめまい、肩こり、食欲不振などの症状があります。

エネルギーの大量消費により、冷え性を引き起こし、だるさの継続、食欲不振に陥ることもあります。

精神的影響
自律神経の乱れが原因によるイライラや不安などの精神的なダメージを受けやすくなります。

寒暖差疲労によって、体は冷えの症状が進行しやすくなります。

さらに、次のような体の不調も、寒暖差疲労が原因となって引き起こされるリスクがあります。

自律神経とは
自律神経は、循環器、消化器、呼吸器などの活動を調整するために、24時間働き続けている神経です。
体の活動時に使う交感神経。安静時に使う副交感神経があります。その2つのバランスをそこなうのが「自律神経の乱れ」です。
不規則な生活やストレスによって自律神経の働きが乱れることで、体調を崩しやすくなります。

精神的/身体的ストレス

人間関係、仕事などの悩みや不安による精神的なストレス、過労、事故、怪我、さらには騒音も身体的なストレスとなって自律神経の乱れの原因になります。

そのストレスが過剰になると自律神経のバランスが乱れます。

不規則な生活

私たちの体は一定の生体リズムに従って働いています。
体内時計もリズムのその一つです。

慢性的な寝不足や昼夜逆転、不規則な食生活などを続けていると、生体リズムが狂って自律神経のバランスを乱してしまいます。

病気が原因の自律神経の乱れ

自律神経失調症や更年期障害が自律神経の乱れを引き起こす代表的な疾患です。

自律神経失調症は、過剰な精神的、身体的ストレスが引き金となって自律神経が乱れることで発症します。

更年期障害では、主に女性ホルモンの分泌が関係してきます。

女性ホルモンが急激に減ることで自律神経が乱れ、突然のほてりやのぼせ、頭痛などさまざまな症状に見舞われます。

カルシウム不足

カルシウムは、神経の伝達に重要な役割を果たします。
神経細胞の興奮を抑える働きがあるためです。

その為、カルシウム不足は精神的にも悪影響を及ぼします。短気になったり、イライラしやすくなります。

乳製品や小魚類、大豆製品などカルシウムを多く含む食品を摂取するように心がけましょう。

寒暖差疲労によって起こる障害

肩こり

肩こりは、頭や首の神経も緊張させています。

肩こりがひどくなればなるほど、頭と首も緊張し、ひどい場合には吐き気まで症状として現れることもあります。

特に原因となりやすいのが、首回りの冷えによって引き起こされる肩こりです。

寒い季節や夏場のエアコンの効いた部屋に首回りの開いた服装でいたり、長時間のデスクワークをしたりすると首回りがこり固まってしまいます。

その影響で、肩こりを発症する人も多くいるのです。

頭痛

・冬場に多い「寒い→暑い」の頭痛
寒い場所や体が冷えた状態から、一気に暖かい場所や体を動かすことで、血管が拡張し血流が激しくなることで、血管が周りの神経を圧迫し、拍動に合わせて頭痛 (片頭痛)を発症する場合があります。

この場合は、血流が良くなりすぎていることが原因です。

温めずに頭回りを少し冷やしてあげましょう。

片頭痛を発症したら、暑い場所にいるよりも涼しい場所で安静にしましょう。

・夏場に多い「暑い→寒い」の頭痛
急激に寒くなると血管が収縮し、その際にもやはり神経を刺激することがあり頭痛となります。

前述したように、血管収縮が起こると血行不良にもなり、首回りや頭の周囲の筋肉が緊張して、頭痛を引き起こすこともあります。

寒暖差疲労を起こしやすくなる気温差は「5℃以上」といわれています。
季節の変わり目や冬場は天気予報をチェックして、なるべく気温差を感じることの少ない服装を心がけましょう。

対策

毎日湯船に入る

夏場など暑い時期はシャワーで済まがちになる人が多くなります。

しかし毎日しっかり湯船に浸かる習慣をつけましょう。

入浴によって、
・体に蓄積された老廃物や疲労物質を取り除く「温熱作用」
・血液やリンパの流れを改善する「水圧作用」
・筋肉や関節をリラックスさせる「浮力作用」
の3つの効果を得られます

体を動かす

デスクワークや長距離運転する座りっぱなしの仕事の人は、数十分毎に立ち上がり、肩や首を中心に体を動かしましょう。

体が少し温まってきたら、頭痛もやわらぎやすくなります。

ストレッチやマッサージを行い、血流の巡りを良くするのもおすすめです。

体を温める作用を持つ食事を摂る

生姜や根菜・発酵食品など、血行促進に効果があります。
特に緊張性頭痛におすすめです。

まとめ

季節の変わり目、クーラーや暖房による体調不良には対策方法があります。

皆さんの日頃の意識を少し変えるだけで防ぐ方法があります。
もちろん、症状が出てしまっても解決法はあります。
全て一気にやろうとすると、とても大変です。

まずはできることから少しずつやっていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。