「誰でもできる」今から始める更年期障害対策!更年期障害とは何か?

最近調子が悪い、なんかスッキリしないと感じたことはありませんか?

40代を過ぎたあたりから体がスッキリしないと感じているのであれば、それは「更年期」かも知れません。

更年期と一度は聞いたことがあるかも知れませんが、イマイチわからないというのが世間一般的な意見です。

あなたがこの記事を読む終えることで・・・

・更年期に対しての理解が深まる
・どうしたら更年期を改善できるかわかる

これらを手に入れることができます!今からでも遅くありません。

今日から行動することであなたの来週はきっといい日になります!

更年期とは何か?


「生殖期と非生殖期の間の移行期で、卵巣機能が低下、消失するまでの時期」となります。

年齢は一般的に兵権前後の数年間とされています。
閉経は個人差があるため、40代の方もいれば、50代から迎える方もいるくらいかなりばらつきがあります。

月経が停止することです。40代を過ぎ、1年間月経を迎えないことで初めて、閉経となります。

更年期障害を引き起こす原因とは


原因は女性ホルモンの急激な低下に伴う症状です。

月経は脳や子宮に関連して起こります。
女性ホルモンの1つにエストロゲンというものがあります。これは卵巣から分泌されます。

エストロゲンは年齢と伴に分泌量が減少します。
これを脳が感知して反応してしまうことで、様々な更年期障害を引き起こしてしまいます。

更年期障害の症状

ホットフラッシュ

「のぼせ」、「ほてり」、「発汗」をまとめたものをさします。

ホットフラッシュは更年期障害において代表的な症状の1つです。

急に顔が火照ってきたり、汗が止まらなくなったりしてしまいます。

自律神経の調節がうまくいかず、血管のコントロールがうまくいかなくなることによる現象です。

この場合、HRT(更年期障害治療)によって改善されます。

めまい

基本的に年齢を重ねるにつれて、血管の収縮や拡張のコントロールがうまくいかなくなり起こるものですが、更年期障害で引き起こされ得る場合もあります。

急に立ち上がったり、体の向きを変えようとした時などに、血の気が引くような感覚に陥ります。

こうなってしまった場合はまずゆっくり休むことです。

急な動作はめまいの原因になりますので、日頃から急な行動をしないように心がけましょう。

鬱、不安状態

何を見ても感情移入できない、すぐ落ち込んでしまう、などが見られる場合は受診しましょう。

専門家であれば、それが更年期障害のものか、うつ病によるものなのかがわかります。

一人で塞ぎ込まず、近くの医療機関にかかりましょう。


不眠

更年期障害による不眠はエストロゲン減少による自律神経の異常です。

「寝つきが悪い」、「眠りが浅くなった」、「すぐ目がさめるようになった」などの症状が見られます。

そのような時は運動をして軽い広疲労を与えたり、ゆっくりお風呂に浸かるなどして眠りやすい状況を作りましょう。

それでもあまり完全が見られないようであれば、HRT(ホルモン補充療法)を行ったり、睡眠薬を使うのも1つの手です。

イライラ、怒りっぽくなる

些細なことでイライラしたり、不安になったり、感情の喜怒哀楽が激しくなります。

これも更年期障害でよく見られる症状です。ホルモンの変化は感情の起伏と密接な関係にあります。

趣味や好きな時間を過ごし、リラックスしたりすることで症状が改善されます。

それでも感情の起伏が激しいようであれば、HRT(ホルモン補充療法)を行うことで、以前のような生活に戻ることができます。

動悸、息切れ

運動をしたわけでもなく、興奮したわけでもないのに、急に心臓がドキドキしたり、息苦しくなったりしてしまいます。

原因は女性ホルモン減少による自律神経の乱れによるものです。

HRT(ホルモン補充療法)でも改善しますが、それでもよくならない場合は呼吸器や循環器の検査をしたほうがいいでしょう。


治療方法


更年期障害に関わらず、まず生活習慣を見直しましょう。

自律神経の乱れや、ホルモンバランスの乱れは生活習慣の乱れが慢性化して引き起こされる場合もあります。

飲酒や喫煙、栄養バランスの乱れをまずは改善してみましょう!

それを踏まえた上で、更年期障害に有効な治療法(漢方、HRT、サプリ)を試すと、より効果的と言えます。

HRT(ホルモン補充療法)とは

更年期障害でも有効な治療方法として、HRT(ホルモン補充療法)というものがあります。

これは名前の通り、年齢を重ねることで不足する女性ホルモン(エストロゲン)を補うことです。

女性ホルモンが減少することで起こるホットフラッシュには特に高い治療効果を得られます。

HRTで使用される薬には、飲み薬、貼り薬、塗り薬があります。

HRTの飲み薬

飲み薬ですので、腸から吸収され、肝臓を通過した後に効果を発揮するため、経口摂取してから効果が現れるまで時間がかかります。

しかしその分、体内に長く留まるため、持続時間は長いです。

毎日服用をしましょう。

HRTの貼り薬塗り薬

皮膚から血管に吸収されるため、飲み薬に比べ早く効果が現れます。

しかし持続時間はそれほど長くないものもあります。飲み薬と比べ、内臓で吸収、分解を行わないため、比較的内臓に優しいです。

貼り薬では、1週間に2回張り替えるタイプ、2日に1回張り替えるタイプがあります。
塗り薬では、毎日塗る必要があります。

漢方やサプリメント


HRTは薬ですのでそれなりに身体への負担もありますし、金額もします。

そうした時にまず初めてみて欲しいのが、サプリメントや漢方といったものです。

更年期障害のほとんどは年齢によるホルモンバランスの乱れや自律神経の乱れ、生活習慣が原因です。

これらは様々な対策ができます。


少しは更年期について理解は深まりましたか?次に必要なのは行動に移すことです。
行動に移さなければなんの意味もありません。今から行動することで

・スッキリとした毎日を取り戻せる
・体調不良で悩まなくなり、ストレスがなくなる

行動することでこの2つを手に入れることができます!

行動しなければ何も変えることはできません。今悩んでいるようであれば今すぐ始めましょう!

もし家族で悩んでいる人がいるのであれば、何かサプリを買ってあげるのもいいでしょう。

今までの恩返しとして気持ちを伝えるのもいいでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。