あなたの口臭は大丈夫?食後より起床時の方が口の中は菌だらけ!?

あなたの口臭は大丈夫ですか?

口臭の原因のほとんどは口の中にあります。

・マスク時間が増え、口臭が気になる
・マスクしているから歯磨きも手抜きになった

これに当てはまるあなた。危険です。

最後まで読み、できることからは決めましょう。

では早速、原因として考えられるものを1つずつ見ていきましょう。

口臭の原因となりうる要因


口臭といっても原因は人それぞれ。

まずは自分がどの口臭に当てはまるかをチェックしていきましょう。

生理的口臭

これは誰にでもある臭いです。

起床時
空腹時
緊張時
これらは特にきつくなります。

この原因としては、唾液の分泌が減少し、細菌が繁殖しやすい環境が口腔内で出来てしまうためです。

唾液の役割
唾液は口臭の原因物質である細菌(バクテリア)の抑制増加を抑制してくれる働きがある。

したがって意識的に生活習慣の改善をする必要はなく、勿論治療する必要もありません。

水分補給を積極的に行うことで唾液量が増加し、急激に口臭が弱まります。

飲食物や嗜好品による口臭

ネギ、ニラ、ニンニク、お酒、タバコ等が原因となる口臭です。

ですがこれは一時的なもの。

時間の経過とともに臭いも無くなるので、治療の必要はありません。

りんごや梅干しはそれらの臭いを抑えてくれる働きがありますが、即効性はありません。

それよりミント系のガムなのを噛む方が即効性はあります。

病的口臭

鼻や喉、呼吸器系、消化器系などが原因で口臭が起こる場合があります。

病的口臭の90%以上は口の中に原因があります。

歯周病、虫歯、歯垢(しこう)、歯石、舌苔(ぜったい)などの代表的なものがあります。

その他にも唾液の減少、義歯(入れ歯)の清掃不良などがあります。

簡単な対策
・唾液の減少は水分を補給すること
・入れ歯が原因の場合は清掃すること

この2つをする事で解消さるため治療の必要はありませんが、その他の病気が原因の場合は治療を行う必要があります。

心理的口臭

自分自身で匂いがあると思い込む人がいます。

口の中では特にトラブルもなく実際には臭っていないのに!

本人が口臭を気にして生活の障害となる場合を心理的口臭と言います。

心理的口臭の背景には強いストレスや不安などに起因する心の病が隠されていることが多くあります。

ですので医療機関での口臭に対する治療は必要ありません。

口臭の原因となる病気

歯周病

初期症状は痛みもなく自覚はありません。

そのため初期段階で見つけることが困難で、静かに進行していく病気です。

一見するとなんでもないように見えますが、歯を磨くなど少しの刺激で簡単に出血することがよくあります。

この病気が進行すると歯茎からの出血に膿が混じってくるようになり、口臭もさらにひどくなります。

対策としては歯ブラシを歯に対して垂直にするのではなく少し斜めにして歯周ポケット(歯と歯茎の間)の汚れを取るように意識しましょう。

虫歯

歯磨きをしても完全に取り除くことができない場合、歯垢などで繁殖した気によって腐敗し悪臭のガスが発生します。

虫歯の穴が大きくなると食べ物がさらに詰まりやすくなり悪化していきます。

たとえ虫歯になっていなくても歯磨きを怠った場合、食べかすが腐敗することで口臭の原因になることがあります。

対策としてはしっかりと歯磨きを行い、歯のスキマは歯間ブラシを使ってしっかりと汚れを残さないようにする事が重要です。

もし虫歯になってしまった場合、早急に歯医者さんに行くことをお勧めします。

歯垢(プラーク)

虫歯ができた部分に食べかすなどが集まりやすくなります。

歯に付着した食べかすに細菌が繁殖した塊のことで、虫歯の原因となるものでもあります。

プラークに含まれる細菌が口臭の原因となる臭いの強いガスを作り出します。

虫歯やその周辺の食べかす、歯周病が進行したときに歯周ポケットから出る膿からも悪臭が発生します。

対策としては歯磨きをしっかりとして口腔内に食べかすを残さないことです。

舌苔(ぜったい)

口臭を引き起こす原因として一番多い言われるのが舌苔です。

これは舌に付着した白っぽい汚れのことで、口臭を引き起こす細菌やたんぱく質を多く含んでいます。

ですが、健康な人も多少の舌苔があります。

口が乾燥しているとき体調がよくない時
腸の病気などがある時
これらのときは舌苔が多くなり口臭の原因となってきます。

胃腸の調子がよくない時に絶対が増えるのは舌を鈍らせ、食欲を減らすことにで食べる量減らして胃腸を守るためだと言われています。

対策としては通常のハブラシではなく舌専用の歯ブラシが売っていますのでそちらを使うことをお勧めします。

ですが、慣れないうちに強く磨こうとすると嘔吐の原因にもなりますので注意しましょう。

まとめ

このように口臭の原因は様々ありますがどれもしっかり自分で歯磨きをすることで予防することができます。

特に起床時には口の中が乾燥して菌が増殖している状況です。

その状態でうかいもせずに飲食物を摂取するということは、

ウンチ10グラム飲み込んでいるのと同じぐらい不衛生

ですので必ず起床時にはまずうがいをしましょう!

歯磨き粉の正しい選び方を勉強したい方!

こちらをチェック!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。