『5分で読み終わる』正しいマッサージのやり方とその効果とは?

マッサージと聞いて皆さんはどんなイメージを思い浮かべますか?

マッサージには身体にいいですが少し間違えてしまうと身体を痛めつけてしまうこともあります。

この記事を読むことで

・正しいマッサージ方法
・マッサージをすることによる効果

これらを手に入れられます。

最後まで読み、正しい方法でマッサージを行うようにしましょう!

マッサージをすることによる身体的メリットとは?


正しいマッサージをしましょう。

そうすることで、身体的、精神的にメリットがあります。

では、メリットを4つご紹介していきます!

メリット1 免疫力の上昇

健康体の人では免疫力が高いので少しウイルスが体内に侵入しても発症しません。

しかし、疲労が溜まっている人は免疫力が低下してしまうため病気にかかりやすくなってしまいます。

適切なマッサージをすることによりこの免疫に関する細胞が増えることが確認されています。

免疫細胞増加=免疫力の上昇

少し体調が優れないときには近くのマッサージ屋さんを使うのも予防の1つです。

メリット2 血流やリンパの流れを改善

リンパとは体の中に発生した老廃物を回収する管のことです。

しかしリンパには心臓のようなポンプの役割はありません。

心臓の代わりとしてマッサージをすることによりリンパ周辺の筋肉に物理的な刺激を与え、老廃物を心臓まで届けることができます。

ここで言う物理的な刺激とはマッサージのことです。

デスクワークで脚の浮腫みを、マッサージで改善された経験はあると思います。

浮腫みとは?
脚の筋肉を動かさないことによる血流低下が原因で起こるものです。
マッサージをすることで、リンパ管の中に溜まった老廃物を循環させることができ、血流の流れをよくする働きがあります。

メリット3 ストレス解消

ストレスを感じる人はコルチゾールというホルモンが体内で上昇します。

精神疾患や肥満の原因となる副腎皮質から放出されるホルモンです
コルチゾールを減らすのに適しているのがマッサージなのです。

マッサージを受けることによりコルチゾールを減らすことができます。

さらに、マッサージ中の会話やスキンシップが相乗効果となってコルチゾールを減らすことが出来るのです。

メリット4 疲労回復

基本的に肩こりや首こりはその周辺の筋肉が固まってしまっていることにより起こるものです。

マッサージではこの固まった筋肉を柔らかくすることができます。

それに加えて筋肉の繊維化を防ぐこともできます。

筋肉が強い刺激を受けることにより筋肉の細胞(筋細胞)が再生不能に。
結果、その部分が筋肉ではない組織に置き換わってしまうものです。
繊維化が起こってしまうと元の筋細胞に戻ることはありません
繊維化してしまうとその部分は筋肉本来の働きをしてくれなくなります。

しかしマッサージをすると繊維化を起こしにくくなります。

それと同時に血流を良くして回復を早めてくれます。

マッサージによって期待できる効果


・腰痛、肩こり、首こり、関節痛
・生理痛、指先の痺れ
・ストレスによる不眠、体の不調
・便秘
・冷え性、浮腫み、疲労回復

正しいマッサージをすることで、これらの身体的不安を取り除くことができます。

これらの症状は、特に女性に多いです。

マーサージのデメリット 悪循環と繊維化


マッサージの際に弱いと効かないから強くしてもらう方がいますが、これは身体にかなりの負担を与えることになるのです。

強くマッサージをするということは筋細胞を壊してしまうことに繋がります。

あくまでマッサージは外部刺激ですのでぶつかったり何かに当たった衝撃と同じ種類です。

さらに強くマッサージすると次の日が辛く、だるさなどが出てきます。

これが俗にいう「もみ返し」というものです。

マッサージ受ける→体だるい(もみ返し)→マッサージ受ける→体だるい(もみ返し)・・・

この悪循環に陥ってしまうのです。

そして、気がつかないうちに筋細胞の繊維化が進んでしまうのです。

正しいマッサージを受けることにより身体に様々なメリットを与えてくれます。

一方で、間違ったマッサージを受けてしまうと身体を痛めつけてしまいます

刺激が弱いからといって強さを求めてしまうと悪循環に陥ってしまうので気をつけましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。