低用量ピルって色々あるけど、どこが違うの?正しい服用法を徹底解説!

「避妊したくてピルを服用したいけれど、たくさん種類があって、どれを飲んだらいいかわからない!」

という方も多いでしょう。

確かに、学校では教わりませんし、家族から教えてもらうようなことでもありませんからね。

いざ、使ってみようと思って調べてみないと、よくわからないですよね。

そこで今回は、代表的な低用量ピルPills Uについて、詳しく解説していきます。


低用量ピルとは


そもそも「ピル」とは、2種類の女性ホルモン、「エストロゲン」と「プロゲステロン」を配合した薬で経口避妊薬とも呼ばれています。

ピルには、「低用量」「中用量」「高用量」の3種類があります。

低用量ピルとは、この中でエストロゲンの量が少ないもののこと。

正しく服用しないと思うような効果が期待できなかったり、正しく服用していても副作用が出てしまったりといったデメリットはありますが、コンドームよりも避妊効果が高く、人気が高いことが特徴です。

また、避妊以外の効果もあり、以下のような用途・目的での利用も可能です。

避妊以外の用途・目的

・生理痛をやわらげたい
・生理前のイライラ(PMS)をなくしたい
・卵巣や子宮の癌を予防したい
・生理周期を安定させたい
・肌をキレイに保ちたい など

1日1回、正しく服用すれば100%近い避妊効果が期待でき、あなたの身体を守ります。

他にも、

・子宮内膜症
・月経困難症
・過多月経

など、女性の生理に関わる様々な問題を解決してくれます。

避妊の際だけでなく、生理関係でお悩みがある人は低用量ピルのご利用をオススメします。

主な副作用

・頭痛
・胸が張る
・むくみ
・嘔吐
・不正出血
・血栓症
・不快感
・経血量の変化

低用量ピルの副作用は、まだ飲み慣れていない時期に現れやすいと言われています。

そのため、飲み始めてすぐに副作用が出たからと言って諦めずに長期的に服用してみて様子をみても良いでしょう。

それでも副作用が治まらない場合、病院で相談しましょう。

あなたの身体のためにも用法・用量を守って、正しく服用しましょう。

Pills Uをオススメする理由


(それぞれの避妊効果・特徴・副作用など)
ここでは、低用量ピルの代表であるPills Uについてわかりやすく解説しています。

1日1回で効果が得られる

1日1回分(基本的には1錠)を指定の時間に内服します。正しく服用した場合、約99%の避妊効果が得られる、という報告もあります。

飲み忘れや大幅な時間のズレなどしないよう、きちんと服用しましょう。

もし飲み忘れた場合でも、その場ですぐ飲み、そのあとはいつも通りの時間に服用することで効果を発揮してくれます。

副作用は○○、○○などがありますが、多くの場合、1週間程度で消えることがわかっています。

24時間のオンライン診察

スマホなど、ネット環境が整っていれば自宅でも診察が可能です。

ビデオ通話や電話で診察可能ですので、わざわざ行く必要ナシ!

仕事やプライベートの時間を気にせず、空いた時間に診察を受けられます。

ピルを飲み続けるにあたって、更新時に医師の診察が必要。

ですが、Pills Uではそんな診察もオンラインで完結。

土日でも配送してくれるので注文し忘れ、なども一切ありません!

Q&A

Q1,服用を止めたら生理はいつからくるの?

A1,低用量ピルの服用を中止後、生理が完全に回復するまでに3~4か月かかると言われています。
個人差も大きいため、早ければ1か月ほどで回復する人も。

Q2,低用量ピルを飲むと太るって本当?

A2,「低用量ピルを飲むと太る」というウワサがありますが、そのような科学的根拠はありません。
ただし、ホルモンバランスが乱れることによって食欲や体調が変わったり、副作用として「むくみ」が出たりした場合、体重が増加することもあります。

Q3,結果が出始めるのは飲み始めてどのくらいから?

A3,生理中に服用を開始した場合、その日からすぐに効果を得られます。
ただし、それ以外の日に服用を始めた場合、28日を1周期としてホルモンバランスを整えるので、すぐに効果が得られるとは限りません。
心配であれば、医師に相談するようにしましょう。

Q4,どこで入手できるの?

A4,日本では、市販されていません。そのため、基本的には病院などの医療機関から入手することになります。

まとめ

低用量ピル(Pills U)は、あなたの身体を大きく変化させる薬です。

値段だけでなく、それぞれの違いを知ったうえで自分に合ったものを選ぶようにしましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。