紫外線による人体の影響とは?日焼けを100%防ぐ方法はあるの?

暑い夏では何を想像しますか?

綺麗な海やプール、冷たいアイス・・・
そこに、ついてくるのが強い日差しです。

日焼けといえば「夏」というイメージですが冬場や日差しが出ていない日でも日焼けはします。

今回は日焼けに関するお話をしていきたいと思います。

・日焼け止めをしっかり選びたい人
・美肌を目指す人

これに当てはまる人は最後まで読んでみてください!

紫外線が肌に与える影響


シミやそばかす、たるみなどのお肌トラブルの原因の多くは日焼けです。

適度な日差しを浴びることは健康に過ごす上で重要です。

しかし、美容面を考えると、なるべく紫外線を浴びるのは避けたいところです。

紫外線はお肌にどんなトラブルを招くのでしょうか?

バリア機能を低下させる

本来、肌の表面の微生物の侵入を防いだり、水分の蒸発を防ぐ様々な役割があります。

紫外線により、その役割が弱くなってしまいます。そして肌荒れなどを引き起こします。

機能が過剰に反応する

浜辺で見かける小麦肌に憧れたことはありますか?

肌が紫外線に晒されるとメラニン(肌を保護する色素)が生成され、肌が小麦色になります。

メラニンが生成されている(肌が小麦色になる)のは、肌がダメージを受けないよう防御反応をしているのです。

しかし、紫外線を浴びすぎてしまうと、防御反応が追いつかなくなり、シミ(色素沈着)の原因になってしまいます。

DNAの破壊

ほんの少しでも紫外線を浴びるとDNA(細胞の核)が破壊されていしまいます。

それほど紫外線を浴びなければ問題になりませんが、長期間浴び続けてしまうと問題が発生します。

紫外線を浴びることで細胞のDNAが傷つき、遺伝子異常が起こり、皮膚ガンの原因になってしまいます。

うっかり日焼けの注意!


・日焼け止めを使用したつもり
・晴れてないから日焼け止めを使用しない

こんな考えの方は要注意です!

日焼け止めを塗ったつもりでも、塗り忘れ、ムラがあると紫外線の影響を防ぐことはできません。

特に首裏は塗り忘れが多い部分ですので、忘れないようにしましょう!

そして、あまり気がついていない照り返しの日焼けも注意です!

よくスキー場などで日焼けをしたことはありませんか?

紫外線の影響とは、晴れた日の太陽から調節浴びた日差しだけではありません。

曇りの日でも紫外線は降り注いでいますし、地面を反射して日焼けをするのはよくある話です。

「日差しが出てないから。」という理由で日焼け止めを使わないのはやめましょう!

肌を老化させる紫外線の種類


肌を老化させる原因の8割は紫外線です。

紫外線A波(UVA)、紫外線B波(UVB)という2種類存在します。

UVA → シワやたるみの原因
UVB → シミの原因

意外なことに、年齢よりも紫外線による影響の方が肌を老化させる原因に大きく関与していたのです。

日焼け止めを選び方


日焼け止めはどの様に選んでますか?

メーカー、可愛さ、人気ランキング上位など、人それぞれだと思います。

ここではその判断基準を一旦捨て、機能面のみでご説明します。

日焼け止めを選ぶ基準としていただきたいのが、PA++やSPFの表記です。

日焼け止めを購入する際に、一度は目にしたことがある表記だと思います。

基本的に個人差はありますが、日焼けをするまでに要する時間は15分程度とされています。

例えば、SPF50という商品はどういう意味でしょうか?

15×50=750(12.5時間)

紫外線を浴びてから日焼けをするまで、12.5時間も遅らせることができるのです。

急激な日焼けはヤケドの様な炎症が起こります。時には皮がむけ、痛い思いをすると思います。

しかし日焼け止めを使用すれば、これらから肌を守ることができるのです。

SPFとは?
紫外線B波(UVB)を防止するための指標。
数字が大きいほど、防御力が強いと言えます。

ではもう1つ。PA+とはどういう意味でしょうか?

PA+にはいくつもの種類があります。

PA++++ → 極めて効果あり
PA+++ → 非常に効果あり
PA++ → かなり効果あり
PA+ → 効果あり

この様な意味があります。
今後日焼け止めを購入する際は、人気だけでなく、この効果を使用目的に当てはめて選びましょう!

PAとは?
紫外線A波(UVA)を防止するための指標。
+が多いほど防御力が高い。

日焼け止めは効果がある?


最後がこれ?

と疑問に思った方がいると思います。

日焼け止めとは、確かに説明した通り、紫外線からの影響を減少してくれるアイテムになります。

しかし

100%紫外線を防ぐことはできない!!

これが事実です。当然、塗り忘れや塗りムラ、汗などの影響で効果が薄れてしまいます。

塗りムラがなくても紫外線の影響を完全に防ぐことはできません。

しかし日焼け止め以外にも、つばの大きい帽子をかぶる、日傘を使用する、長袖をきる、など様々な紫外線対策は可能です。

それほど過敏に恐れる必要はありませんが、予防するに越したことはありません。

全て一気にやろうとすると疲れてしまいますので、1つずつできることから行なっていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。