「超簡単!」殺菌/滅菌/除菌/抗菌/消毒の違いを解説

この時期はこれらの言葉に敏感です。
ですが似たような単語でよく区別の仕方がわからない方も多いと思います。

今回はこのような単語をわかりやすく解説していきます。

・殺菌/滅菌/除菌/抗菌/消毒の区別がわからない
・使い分けを知りたい

こんなお悩みをお持ちの方向けに書きました。では早速解説していきます。

除菌

除菌の意味とは漢字の通り、「菌を取り除く」ことです。
菌を殺さなくても、除菌したい部分から菌を減らせればOKです。

どの程度菌を減らすかについての定義はありません。

極論、水洗いで手を洗う、ものに付着している菌を拭き取る事も除菌と言えます。

医薬品、医薬部外品以外では「殺菌」を使用できないので、この表現がよく使われています。

殺菌

殺菌とは「細菌やウイルスを殺す」効果を指します。

しかし、死滅させる菌の種類、死なせる量に明確な定義はありません。

全ての菌やウイルスを殺すことができず、90%の菌が残ってしまっていても10%の菌が殺せていれば「殺菌」と表記できます。

また、特定の1種類(1部)の菌が減っただけでも殺菌といえます。

この表現は、薬機法の対象となる「医薬品」「医薬部外品」で使うことはできます。

滅菌

滅菌とは、有害/無害を問わず、すべての菌やウイルスを死滅/除去することです。

日本薬局方から「菌や微生物ウイルスなどの残量が100万分の1になることをもって滅菌とする。」という定義がされています。

滅菌方法としては電磁波や放射線、高熱をかけたりするのが有名です。

名前からして菌を排除するのは最強です!

日常生活ではあまり耳にする機会はありませんが、病院での手術器具や注射には滅菌が必要とされます。

消毒

消毒とは、病原性のある微生物を死滅/除去させて害のない程度まで弱体化させることです。

消毒の目的は「無毒化」です。

必ずしも細菌を死滅させていなくとも、病原体の感染力を失わせたり、病原体を危険ではない程度まで弱らせる事も無毒化にあたります。

消毒薬事法上の言葉で、「医薬品」や「医薬部外品」のみに使用できます。

市販の消毒薬のように、薬物で消毒するだけでなく、煮沸消毒や日光消毒などの方法もあります。

抗菌

抗菌は「菌の繁殖を阻止/抑制する効果」のことです。

細菌を除去したり殺したりする効果はありません。

あらかじめ菌が繁殖しにくい環境を作る事です。
これも対象となる菌や、菌の量などの詳細な定義はありません。

殺菌や除菌のように、直接菌を殺したり取り除いたりする必要がないため、菌の増殖を抑制あるいは阻害できれば抗菌と呼べます。

キッチン用品やおもちゃバスルーム用品でよく見かける用語です。

まとめ
除菌→目的の部分から菌/ウイルスを減らせれば殺菌となる
殺菌→1%でも菌/ウイルスを死滅できれば殺菌となる
滅菌→住めての菌/ウイルスを死滅させる
消毒→菌/ウイルスを害のない程度まで弱体化させる
抗菌→菌/ウイルスの繁殖を抑制/阻止する
消毒で使用される液体
グルタラール
次亜塩素酸ナトリウム
ポピドンヨード
アルコール
クロルヘキシジン
塩化ベンゼルコニウム
両性界面活性剤

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。