肩こり、首こりでもう悩まない!様々な原因はあるけど共通する原因とは?

あなたのパートナーが育児や仕事で肩こり、首こりに悩まされていませんか?

現在ではネットワークの普及によって多くの方が「凝り」に悩まされています。

肩こりが続くと体はだるくなりイライラもしやすくなります。

ここでしっかりと肩こりを改善することで日々のストレスから少し解放され、自分に余裕が生まれます。

日頃の感謝を込めてあなたの大切なパートナーへ肩こり解消グッズをプレゼントするのもいいでしょう。

そうすることであなたとの関係もより一層いいものになります!

たかが肩こりと思わずにしっかりと自分にあった改善策を見つけましょう。

肩こり、首こりの原因


普段はあまり意識していないと思いますが頭の重さは約5kgもあります。

スーパーなどでお米を5kg持ったことがあるかと思いますがかなりの重さです。

その重さを一番近くで支えてくれているのが首と肩です。

こりの原因は人によって様々ありますが代表的なのが「運動不足、眼精疲労、ストレス、同じ体勢」です。

これらのうち同じ体勢眼精疲労はデスクワークや細かい作業などに関係してきます。

とくに最近ではデスクワークが原因の「凝り」に悩まされている方が増えてきています。

同じ姿勢を続けていると筋肉が常に緊張した状態でほぐれません。

そうなると血流が悪くなり、凝りの原因になります。

眼精疲労ではパソコンの光源や細かい文字(パソコンの文字)を見続けると目の周りの筋肉が緊張し続け、疲労と同時に血流が悪くなり結果的に肩こりや首こりの原因となります。

では他の運動不足ストレスはどうでしょう。

運動不足は血流不足を誘発します。

運動不足による肥満化では血液がドロドロしているため余計に血流が悪くなり、こりを引き起こしやすくなります。

ストレスは体に常に力が入っている状態になるため、常に筋肉に力が入ることによる筋肉の疲労を起こし、血流不足になります。

以上が4大原因とされていますが他には、女性であればバストが原因の肩こり、リュックなど重い荷物を長時間担ぐことで起こる肩こりなど原因は様々です。

しかしこりを誘発するのは共通して血流不足です。

肩こり、首こりを予防、改善する


肩こり、首こりの原因はある程度わかりました。

ですが分かっただけでは意味がありません。

次は予防方法、改善方法をいくつかご紹介していきます。

運動する

運動といってもジムに行き筋肉トレーニングするというわけではなく、筋肉を動かすことが重要です。

筋肉を動かすことで筋肉自体が柔らかくなり柔軟性が増します。

さらに筋肉はポンプの役割もしていますので動くことで血流を促進させる効果があるのです。

そうすることで凝りにくい身体を作ることができます。

凝りにくい身体作りで重要なのは、重りなどを使用して筋肉に負荷をかけるものではなく、筋肉をほぐすイメージです。

ストレッチなどでも十分効果がありますのでお風呂上がりなどはぜひやってみてください!

プロテイン選びでお悩みのあなた。

コチラをチェック!

首と肩を冷やさず、入浴を利用する

寒さを感じると身体は熱を逃さないように縮こまろうとします。

そうすると筋肉に自然と力が入ることで血流が悪くなりやすくなります。

入浴の際にシャワーだけで済ましてしまう方が多くいますが浴槽に浸かることをお勧めします。

浴槽に浸かることで自然と筋肉が柔らかくなり、血流が促進されます。

さらにリラックス効果もありますので、ストレスの軽減にもつながります。

忙しくて毎日浴槽に浸かれない方は、2日に一回は体のためにも浴槽で身体を労ってあげましょう!

肩こりに「メディカルマグネッカーDX」

マッサージを受ける

痛みを感じてしまうほどのマッサージは、身体を痛めてしまうので逆効果です。

程よい力加減のマッサージであれば血流促進効果があるのでお勧めです。

自分でする場合はきになる部位をさする、軽く揉む程度で十分ですのであ風呂上がりなどに行うといいでしょう。

枕を変えてみる

意外と見落としがちなのが枕の存在です。

枕と肩こりにはかなり密接な関係があるのです。

肩や首こりの原因は筋肉の疲労や血流不足によるものですが、これらが枕によって誘発される場合があるのです。

枕が自分にあっていない(高すぎ、低すぎ、硬すぎ、柔らかすぎなど)と血流が悪くなったり筋肉の緊張を和らげることができずに筋肉を疲労させます。

そして、結果的に「凝り」を誘発してしまうのです。

いくら他の改善策を試しても良くならない場合は枕を見直すのも必要かもしれません。

有名スポーツ選手がよくつけている磁気ネックレスですが、血行を良くしてくれる効果があります。

血液中にはヘモグロビンという鉄成分へ磁気ネックレスが働きかけることにより血行を良くする働きがあると言われています。

そのためネックレスやブレスレットとして着用している人は数多くいます。

さらに血行促進によって運動の自由度が上がるこという側面も持ち合わせていることからスポーツ選手も使用しています。

有名選手で言えばスケート選手の羽生結弦。ゴルフの石川遼などがあげられます。

どのくらい効果が続く?


磁気ネックレスは永久磁石を採用していることから半永久的に使用しても磁力の低下はなく、一定の効果を得られます。

製品によって異なりますがN極とS極が交互に配置されているものであれば広範囲にいい影響を与えてくれます。

ですので一度購入したら長く使うことができます。

同じ極の磁石が配列してあるものだと働きかける範囲が狭くなるため、あまり効果を期待しにくいかと思います。

磁気は消耗しませんが磁気以外のネックレス部分は素材によっては痛みやすかったり、衛生面を考慮して洗いやすいシリコンタイプなどを選んだ方がいい場合もあります。

他にもレザータイプや布タイプのネックレスもあるので自分にあった素材を選ぶようにしましょう!

全国630店舗以上!もみほぐし・足つぼ・ハンドリフレ・クイックヘッドのリラクゼーション店

プラセボ効果も期待できる


簡単にいうと思い込みの力です。別名「偽薬」とも呼ばれています。

たいした薬の効果はなくても信用する相手からその薬の効果を聞くことにより本物の薬と同等の効果を得ることができるというものです。

磁気ネックレスは科学的にもしっかりと効果が証明されたものです。

ですので着用することである程度の良い効果を体に与えてくれます。

しかし有名人が着用していることによりプラスであなた自身に良い効果を与えてくれることもあります。

疑って使うより磁気ネックレスを使えば血行が良くなり肩こりや首こりが楽になると思い込んだほうがより良い効果が現れると思います。

肩こりに「メディカルマグネッカーDX」

磁気ネックレスはどれを選ぶ?


ネックレスの素材やデザインも勿論ですが磁気の強さも様々な種類があります。

磁気は強い方がいいと考える方もるかと思いますが一概にもそうとは言えません。

強すぎてしまうと逆効果になってしまうこともあるので自分のこりの状況を把握して正しい磁気の強さを選びましょう。

もしわからないようであれば一番弱いのから試してみるのもいいでしょう。

とは言っても

ネックレスでそんな効果があるの?

と疑問に思っている方もいらっしゃると思います。

その方は医療機器として認定されている商品もありますのでそちらを試した方がより効果を感じやすいかと思います!

肩こりや首こりには様々な原因があります。

しかしそれをしっかりと対策し、改善することで体の健康を保つことができます。

常に調子が悪いと気分も上がりませんし、イライラしてしまう原因にもなります。

今あなたが肩こり首こりに悩んでいるのであれば、今すぐ行動した方がいいでしょう。

今すぐ行動することにより体の健康だけでなく、血流が良くなることでストレスが軽減し、スッキリとした日々を送ることができます!

パートナーや大切な人が肩こりや首こりで悩んでいるのであれば日頃の感謝を込めてプレゼントするのもいいでしょう!

大切な人とそれからも大事な時間を過ごすためにもしっかりと「凝り」と向き合い、自分にあった改善策を見つけましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。