出生前診断(NIPT)をするなら実績のある平石クリニック!顧客満足度95%

・妊娠中、赤ちゃんに異常がないか気になる
・お腹の中の様子が気掛かりでしょうがない
・病院で診てもらいたいけどどこに行けばいいのかわからない

 

こんな

悩みを抱えている妊婦さん

は多いのではないでしょうか。

 

せっかく授かった命に

異常が見つかったらと思うと、

不安で寝れなくなってしまいます。

 

お腹の子供が大きくなるにつれて

不安も大きくなってくるもの。

 

できることなら不安は早めに解消したい!!

 

その方が

ストレスなく妊娠期間を過ごせます。

 

もし問題が見つかっても

早めの対処に越したことはありません。

 

そこで、この記事を読んでいる妊婦さんには、

「出生前診断」

を紹介したいと思います。

 

「出生前診断」とは何かに触れつつ

オススメのクリニックの紹介もしていきます!!

 

赤ちゃんのことで

不安な人はぜひチェックしてみてください。


出生前診断とは


「出生前診断」とは、

生まれてくる赤ちゃんが

先天的な病気を持っているかどうか

を判定するために行う診断のこと。

 

赤ちゃんの現状を両親に報告、

場合によっては病気の進行を未然に防ぐこと

が目的になっています。

 

妊婦さんからしたら、

赤ちゃんの様子が分かるだけでも安心できるので、

ぜひオススメしたいものです。

 

出生前診断は、大きく分けて2種類あり、

「非確定的検査」と「確定的検査」

に分けられます。

 

その上、

非確定的検査

「コンバインド検査(超音波検査+採血)」

「母体血清マーカー検査」

「新型出生前検査(NIPT)」の3つ、

確定的検査

「羊水検査」

「絨毛検査」の2つに分けられます。

 

種類ごとに特徴があり、

非確定的検査は

赤ちゃんの病気の可能性を評価するための検査。

 

確定的検査は

赤ちゃんの病気の可能性を確定させる

ための検査です。

 

1つ1つの検査方法に対して役割があり、

時期や検査に伴うリスク

が異なります。

出生前診断で何がわかるのか

出生前診断でわかることは、

ざっくり言うと、

赤ちゃんの先天性疾患(染色体疾患)の有無です。

 

染色体疾患とは、

染色体によって引き起こされる病気のことで、

染色体の数や形の変化によるものです。

 

この中でも最も頻度が多いのが、

染色体が3本になっていることで引き起こされる

トリソミーという状態です(通常の染色体は2本)。

 

これにより引き起こされる病気は主に、

「21トリソミー(ダウン症候群)」

「18トリソミー」

「13トリソミー」

に分けられます。

 

この3つはどれも非常に重い病気で、

特に「18トリソミー」「13トリソミー」

を引き起こすと寿命が極端に短くなってしまいます。

 

これらの病気を

事前に把握するために行うのが

出生前検査というわけです。

 

出生前検査において初めに行う

非確定的検査で明らかになる主な病気

は以下の通りです。

・コンバインド検査:21トリソミー、18トリソミー
・母体血清マーカー検査:21トリソミー、18トリソミー、神経管閉鎖不全症
・新型出生前診断(NIPT):21トリソミー、18トリソミー、13トリソミー

また、確定的検査(羊水検査、絨毛検査)は、

染色体疾患の全般について

確認することができます。

 

種類ごとで調べられる病気の種類が違うので、

検査前によく調べておく必要があります。

 

これらの病気の存在が知れるだけでも、

妊娠生活のストレスや不安がかなり減り、

今後の対応にも繋がります。

 

ぜひチェックしてみるといいですね!

その中でも新型出生前診断(NIPT)が注目

しかし、

「出生前診断は流産のリスクがあるから怖い」

と考える妊婦さんも多いはず。

 

せっかく診断したのに、

それが原因で赤ちゃんを不幸にしてしまったら、

罪悪感で潰れてしまいますよね。

 

そこで、先ほど取り上げた

検査方法の中で最もオススメしたいのが、

「新型出生前診断(NIPT)」です。

 

なぜなら、

妊婦さん自身にも赤ちゃんにも

大きなメリットがあるからです。

 

「新型出生前診断(NIPT)」とは
妊婦さんから採血、それに含まれる赤ちゃんのDNA断片を分析することで染色体異常を調べる検査。

つまり、使うのは

お母さんの血液だけ!

ということになります。

 

「採血をするだけ」というのがポイントで、

母体へのリスクと赤ちゃんへのリスク

の両方を減らしてくれます。

 

検査が簡単かつ

流産や死産の可能性もなくなるというのは、

妊婦さんからしたら理想的ですね!

 

また、

検査を受けられるのが胎児周期10周0日目からと、

かなり早い段階での検査を可能にしてくれます。

 

検査精度も従来よりも高くなっているので、

信頼度が高いところもグットです。

 

赤ちゃんへのリスクを最小限にしたい
信頼できる精度で検査したい

 

と考える妊婦さんは、

チェック必須の検査方法になります。

新型出生前診断が受けられるオススメのクリニックは


ここまでを踏まえて、

新型出生前診断を受けるのに最適なクリニックを選んでみました。

 

そのクリニックとは、

NIPT平石クリニックです。

 

なぜこのクリニックかというと、

信頼度が圧倒的だからです。

 

これまで引き受けた診断数は10,000件を超え!

 

診断歴40年超の

ベテラン専門医が担当しているのです。

 

また、

顧客満足度95%!

とても安心できるクリニックです。

 

大切な赤ちゃんを託すわけですから、

ここまでの信頼度があると安心できますね。

 

また、

染色体異常が見つかった際の

羊水検査は無料。

 

さらに丁寧なカウンセリング

受けることができるので、

万が一のときでも安心することができます。

 

安心して検査を受けることができるので、

新型出生前診断を希望するのであれば

ぜひチェックしておいてほしいクリニックです!

デメリットとそれに対する解決策

新型出生前診断は信頼できる検査法ですが、

基本は上に挙げた3つの疾患しかわからない

のがデメリットです。

 

何も調べずに検査を受けると

知りたい情報が得られなかったということもあるので、

事前によく調査しておくことが大切です。

 

また、費用が高く、

お金に余裕がないと厳しい額かもしれません。

 

検査を受ける前に

しっかりと家庭の経済状況を確認する必要があります。

 

さらに、

の検査は赤ちゃんの命に関わる選択

を強いられることがあります。

 

もしものことがあると

冷静でいられなくなる妊婦さんも少なくありません。

 

確実に

カウンセリングを受けられるところ

を選んでおきましょう。

まとめ

出生前診断は、

妊婦さんの不安を解消するためにも、

赤ちゃんの今後のためにも必要な検査です。

 

大切な命を守るためにも、

しっかりと事前に調べる事が必要になります。

 

今回取り上げた新型出生前診断は、

比較的信頼できる検査なので

チェックしてみるのをオススメします。

 

この記事で紹介したクリニックも参考にしながら、

悔いの残らない妊娠生活を送ってください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。