綺麗な肌を望まない人は見ないでください!女性用スキンケアを効率よく学ぶ!

スッピンが綺麗な女優さんといえば誰ですか?

化粧品売り場に足を運ぶと、男性用/女性用化粧品が売られています。

では、男性化粧品を女性が使うと、肌荒れの原因になるのでしょうか?

  • 女性用化粧品を使うメリットを知りたい
  • 本当に今のスキンケアであってるか知りたい

こんな悩みを抱えている人にお勧めです。最後まで読み、しっかり肌について理解を深めましょう!

男女の肌の仕組み


一般的に、男女でそれほど肌の仕組みが異なるということはありません。

しかし、「皮膚の厚み」、「皮脂量」、「水分量」の3つが異なります。

女性はこれ以外に、生理周期によっても肌の調子が大きく変化します。
特に生理前が、肌荒れしやすいといわれています。

生理前にスキンケアをしっかり行うことで、綺麗な肌を維持することができます。

皮膚の厚み 男性>女性
皮脂量   男性>女性
水分量   男性<女性

皮膚の厚みによる違い


一般的に男性の方が皮膚が厚く、女性の肌は薄いのが特徴です。

肌が薄いと、きめ細かく、毛穴が目立ちにくい特徴があります。
その反面、紫外線などの外的ダメージを受けやすく、シミなどができやすくなってしまいます。

外的ダメージ
・紫外線
・肌に合わない化粧品
・ホコリ
・衝撃

皮脂分泌量の違い


肌の潤いを保つために欠かせないの皮脂。女性の皮脂量は男性の約1/3とも言われています。

ただでさえ皮脂量が少ない女性ですが、生理や年齢が原因によるホルモンバランスの乱れによって、さらに皮脂量が減少してしまいます。

皮脂量が減少することで、肌が乾燥しやすくなり、肌荒れの原因を引き起こします。

40代を過ぎると、女性ホルモンや閉経が関係することでさらに皮脂量が減少してしまいます。

水分量の違い


女性の肌の水分量は男性に比べ、2倍近くあります。

しかしその分皮脂量が少ないため、水分を肌にとどめておく力が弱いです。

水分量が多いと日焼けをしにくい特徴があります。
これは女性にとっては嬉しい情報ですね!

水分量が減ると、肌が乾燥し、しわやたるみの原因になります。
ニキビなどの肌トラブルの原因は「乾燥」にあります。

女性用化粧品の特徴


女性用化粧品の多くは、美白効果など、美容効果を売りにしている商品が多く目立ちます。

女性の肌荒れの原因の1位でもある「肌荒れ」

その原因は乾燥によるものがほとんどです。そのため、女性用化粧品の多くは、乾燥を防いでくれる成分を含む商品が多いです。

生理周期により、食欲不振、精神的なイライラ、睡眠不足など様々な要因で肌荒れを引き起こしてしまいます。
そんな中でついスキンケアをサボってしまいたくなる時もあるでしょう。

そんな時はオールインワン化粧品を使用するのはどうでしょうか?

オールインワン化粧品とは?
化粧水、美容液、乳液のスキンケアに重要な3つを一本にまとめたものです。

これであれば、一回のスキンケアだけで終わります。
育児で忙しいママや、めんどくさくてサボりたい日でも続けられそうですよね!

肌に刺激を与える成分


化粧品といっても肌にいいものばかり含まれているというわけではありません。

いい香りをつけたり、着色をしていれば、それらが肌を刺激してしまいます。

着色料

色をつけるため配合されているもの。

数多くの色があり、肌荒れを引き起こす場合も。

香料

香りをつけるための配合されているもの。

種類があり、ななのはアレルギーを起こしてしまうことも。

アルコール

さなざまな成分を配合させるために使用されている。

乾燥を促進したり、肌を刺激してしまう恐れも。

保水力/保湿力の高い成分


・セラミド
・ヒアルロン酸
・コラーゲン

これらの成分は保水力/保湿力がともに優れている成分です。

もし、どんな成分がいいのかわからないようであれば、この3つの成分が配合されている商品を試してみるといいでしょう!

この3つの中でも特に保湿力が優れているのが「セラミド」です。

これらの情報をもとに化粧品選びをしてみてください。

男性のスキンケアを知りたい場合はこちらもどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。