「誰でも−5歳肌を目指す!」肌荒れ原因と肌をキレイにする方法

多くの女性の悩みである『お肌』。シミ、ソバカス、シワ・・・etc。

10人いれば10個の悩みがありますが今回はそんなお肌についてご紹介していきたいと思います。
この記事を読むことで

・肌が綺麗になり若くみられる
・異性からの見る目が変わり、自分に自信が持てる

これらを手に入れることができます。

今からでも遅くはありません。

やる前から諦めるのでなく、挑戦してからダメだったら諦めましょう!

シミができる原因


シミは皮膚の内側で作られるメラニンという色素が沈着したものです。

しかし一言でシミといっても様々な種類があります。

一般的なシミとして取り上げられるのが日光黒子です。

紫外線を浴び続けることでできる「日光黒子」
生まれつきみられる「ソバカス」
ホルモンバランの崩れからくる「肝斑」
ニキビや火傷などの炎症からくる「炎症後色素沈着」

シミができるメカニズム


シミの原因となるメラニンですがこれは紫外線から細胞を守る役割をしています。

肌に紫外線が当たることでメラノサイト(色素細胞)からメラニンが生成され、細胞を守ってくれます。

人の皮膚細胞は通常28日周期で生まれ変わります。

これを新陳代謝(ターンオーバー)と呼びます。
これは皮膚が細胞分裂を繰り返して古い細胞が表面に押し上げられ「アカ」となって剥がれていきます。

紫外線を浴びて作られたメラニンも細胞周期と共に通常であれば約28日で剥がれ落ちてきます。

しかし様々な理由でメラニンが過剰に作られたり、うまく新陳代謝が行われないと本来剥がれるはずのメラニンが皮膚に残りそれが「シミ」となるのです。

新陳代謝を乱す要因

・日焼けによるダメージ
・生活習慣の乱れ
・ストレス
・ホルモンバランスの乱れ
・年齢
これらが新陳代謝を乱す原因となります。

新陳代謝がうまくいき、しっかりとメラニンが排出できれいればシミは存在しません。

シミを放置すると・・・

シミの手入れを怠り、長年放置したままにすると老人性のイボ(脂漏性角化症)になってしまうことがあります。

他にも皮膚がカサカサになりウロコのような状態になることもあります。

最悪の場合、皮膚ガンになってしまうこともあります。

お肌にダメージを与える行動

ファンデーションの厚塗りは+5歳

お肌のトラブルをファンデーションの厚塗りでカバーしようとするのはNGです。

かえって老けて見えてしまう原因になるかも知れません。

ファンデーションはお肌のみずみずしさを奪ってしまいます。

厚塗りをしてカバーするのは極力控えましょう!

化粧を落としきれていない

化粧を落としきれていないまま生活を続けてしまうと、毛穴が詰まったままとなり肌荒れの原因となります。

通常、化粧品はしっかり落とすことができていれば肌トラブルに発展することはありません。

しかし、洗浄力が足りないと肌に化粧品が残ってしまいます。

そうすると毛穴に詰まった汚れからニキビができます。



油分が多い

化粧品はほとんどが油分からできています。

化粧品の油分と身体の皮脂が混ざり合うことでニキビが出来やすくなります。

ニキビの原因菌でもあるアクネ菌が増殖しやすかったり、毛穴が詰まりやすくなたっりと様々なトラブルが発生します。

どれくらいの油分量がセーフなのかアウトなのかは人によって異なります。

そのためにも自分の肌をしっかりと把握する必要があります。

摩擦の蓄積

目の周りはついつい化粧で無意識のうちに負担をかけてしまっています。

眼球の周りは神経が張り巡らされているので何もしなくても負荷が多い部分です。

それに加えてメイクを行ったり、乾燥しやすい目の周りを頻繁にこすってしまうと黒ずみとなってしまいます。

疲労や寝不足

俗に言う「クマ」の原因となるのは疲労や寝不足です。

スマートフォンやパソコンなどの作業で目を酷使しているのに加えて、寝不足や疲労が蓄積してしまうと血流が滞ってしまい、クマが出来てしまいます。

睡眠不足や疲労は目だけでなく全身に悪影響を与えるのでクマが出たらしっかりと休みましょう!



肌を綺麗に保つためには?

塗る日焼け止めを美白入りにする

紫外線を100%防ぐことはできません!

残念ですがこれが現実です。

さらにどんな日焼け止めを選んでも日焼け止め量が不足していたり塗りムラがあるとどうしても日焼けしてしまいます。

ですが、日焼け止めを塗ることでシミができにくくなったり、肌へのダメージ量を抑えることができます。

それに加えて美白効果のある日焼け止めを使用することで更に美白を保つことができます。

飲む日焼け止め(UVケア)を使用する

これも塗る日焼け止め同様に100%紫外線から肌を守ることはできません。

しかし飲む日焼け止めは紫外線のダメージ量を軽減してくれる役割の他に、ダメージから早く回復してくれる役割があります。

細胞レベルから修復してくれるので、飲む&塗る日焼け止めを両方使うことで紫外線の影響を最小限にすることが可能です。

美白成分の入った化粧品を選ぶ

美白成分の目的は、今の肌よりも白くしてくれると言うよりも、シミの原因となるメラニンを抑制してくれる働きがあります。

ですので化粧品を選ぶ時は、これらの成分が配合されている商品を選ぶとシミ予防に力を発揮してくれます。

化粧品には必ず成分表示がありますので、次回買う際は1度目を通しておくのもいいでしょう!

美白オールインワン

サングラスを使用する

サングラスを使用することで目元の日焼けを防止することができます。

目元は特に年齢が出てしまう部分でもありますので、特に気をつけてあげる必要があります。

サングラスを選ぶポイントとしては「UVカット効果があるもの」「自分の顔にフィットしているもの」

この2点を注意して購入しましょう!

肌のターンオーバー(代謝)を促す

シミの原因となるメラニンはターンオーバーにより排出されます。

ですのでターンオーバーがしっかり出来ていればシミは出来にくくなります。

・生活習慣の改善
・メラニン排出を促すマッサージ
・化粧品や日焼け止めを見直す
これらが効果的ですのでぜひやってみてください!



あなたが今からお肌について見直すことで数年後の肌にいい影響を与えてくれます。

特に目元は年齢が出やすい部分ですので早めから手入れしてあげることがオススメです。

あなたが今から行動することで

・−5歳若くみられ、年下からもモテる!
・肌が綺麗なので、自分に自信が持てる!
・今より魅力的な女性になれる!

たかが肌かもしれませんが、肌がキレイになることでこれらを手に入れることができます。

しかし何もせず勝手にキレイになる事はありません。
早めに行動することが大事です。

もし少しでもお肌に自信がないようであれば今がチャンスです!

自分の肌を見つめ直して、キレイな肌を目指しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。