「旦那さん必見」子育てによる肌荒れ、ストレスからママを守れ!

初めまして!
放射線技師のFUJI@ブロガーです。

子育てをしているお母さん、毎日お疲れ様です!

お子さんももちろん大事ですが、お子さんにはママが必要です。
しっかりと体調を整えましょう。そして旦那さんは仕事で疲れているかもしれませんが、

お母さんもそれ以上疲れています。
少しは家事をやって、手助けしてあげましょう!

旦那さんが子育て、家事をしてあげることで

・パートナーから感謝され、今後いい関係を築ける
・パートナーの美しさを保てる

確かに仕事は疲れますし、嫌なことがあれば気分は落ち込んでしまいます。

しかし少しは手伝ってあげることでこれらを手に入れられます。
少しでもいいので何かできることを手伝ってあげましょう。

産後の肌荒れの原因


女性の肌は非常にデリケートであるため些細なことでお肌のターンオーバー(新陳代謝)は乱れてしまいます。

もっとも多くあげられる原因の1つにホルモンバランスの乱れがあります。

女性ホルモンの急激な変化

妊娠中に多く分泌されている女性ホルモンが、出産をピークに急激に減少していきます。

「産後に涙腺が弱くなった。」などの変化もホルモンバランスが関係しています。

また、この時期は感情の変化だけでなく、お肌のトラブルにも襲われやすくなります。

新しい肌へと代謝するサイクルが乱れ、ニキビやシミなどのお肌トラブルが多くみられます。

「誰でも−5歳肌を目指す!」肌荒れ原因と肌をキレイにする方法

ストレスや寝不足

育児を行うとそれまでの生活スタイルが180度変わります。

育児では赤ちゃんは気を遣ってくれません。泣きたい時になき、好きな時に寝ます。

慣れないおむつ替えや授乳にお母さんたちはいっぱいいっぱい。
自分のお肌の事なんか気にしている時間はないと思います。

それに加え、十分な睡眠がとれず、生活習慣の乱れによって、気がつかないうちに徐々にストレスも溜まってきてしまいます。

「睡眠でモテる」良い睡眠はあなたの健康を支えてくれます!睡眠でモテる方法

産後の抜け毛で悩む方も多い


今まで経験したことがないくらいの量が抜けるので驚かれる方も多いと思います。

「このまま続いたら髪の毛がなくなる!」と不安にる方もいらっしゃるかと思いますがご安心してください。

そもそも産後の抜け毛の原因はホルモンバランスの急激な変化によるものです。

女性は月経のサイクルで2種類のホルモンが交互に増減をしています。

この2種類のホルモンが交互に働くことで髪の毛やお肌が正常に代謝を行います。

しかし産後はホルモンバランスの乱れから正常に代謝が働かなくなることで抜け毛や肌荒れが一時的に起こります。

しかし時間とともにホルモンバランスは整いますのでずっと抜け毛が続く事はありません!

消化器系のトラブルにも注意

産後トラブルの肌荒れなどに次いで多いのが消化器系トラブルです

お肌と消火器系はあまり関係ないように思われがちですが、以外にも密接な関係があるのです。

便秘の状態では、腸内にたまった有毒物質が原因でニキビや肌荒れが起こりやすくなるのです。

さらに慣れない育児で徐々にストレスがたまるとそれが消化器系トラブルを引き起こすこともあります。

赤ちゃんを優先するあまり、食事をおろそかにして栄養が十分取れない状態が続くと消化器系に負担がかかり、便秘や腹痛を引き起こしてしまいます。

これを防ぐためにもしっかりとした栄養があるものを心がけて食べるようにしましょう。

産後の肌荒れを軽減させる方法

保湿

産後の肌の悩みで一番多いのが「乾燥」です。

ターンオーバーの乱れによって代謝が正常に行われなくなると肌が乾燥しやすくなったり、肌荒れを起こしやすくなってしまいます。

これを改善するには、化粧水や乳液を使ってしっかりと保湿してあげることです。

育児では室内にいることが多くなりますので、加湿器などを使ってお肌を乾燥させないように工夫するのもいいかもしれません。

栄養バランスのとれた食事

お肌のバランスを保つためにも食事から栄養素を摂取する事は非常に重要です。

肌荒れや便秘にいいとされている食べ物はきのこ類などの水溶性食物繊維ですので、意識して食べるといいでしょう!

それでも毎食、栄養を考えるのはとても大変ですので不足している部分はサプリで補うことも候補に入れて起きしょう!

休息、睡眠をとる

これは産後のママにとってとても難しいことです。

一人では無理ですので家族の協力が必要です。
パートナーなどに協力してもらいながらしっかりと睡眠をとれるようにしましょう。

睡眠中に分泌される成長ホルモンも皮膚のターンオーバーを整えたり、ダメージを受けた組織の修復をしてくれる働きがあります。

睡眠は肌荒れ対策としても有効ですので、家族の協力のもと、睡眠をとれるようにしましょう。

また、育児によって肩こりや首こりが辛い場合にはマッサージやエステに行くといいでしょう。

しっかりと休息がとれる上にリラックスできますので、日頃の疲れを和らげてくれます。

「そんな時間ない」という方は入浴の際にアロマや入浴剤を使用してみましょう。

気分転換にもなりますし、短時間でもリラックスすることが大切です!

産後というのはママにとって大変なことばかりです。

いくつかの産後トラブルをご紹介してきましたが、これらを改善するためには「ストレスを溜めない、しっかり発散する」「規則正しい生活をする」「栄養のある食事をとる」これらが欠かせません。

しかしこれらを一人で育児中に達成する事はできません。

何よりも友人や家族の助けが必要なのです。

ストレスが発散できていないようであれば、子育て支援グループに参加して、育児の同じ悩みなどを共有したり、数時間だけ赤ちゃんを両親に預けるなどすることもできます。

「全て自分でやらなきゃ!」という考えではなく、うまく手を抜き、サボることも重要です。

赤ちゃんにはママが必要です!

ママが元気であれば赤ちゃんもきっと元気に育つでしょう。

そして旦那さんも仕事で疲れていると思います。しかしあなたの赤ちゃんでもあるのです。

「育児は女性がやるもの。」

と古い考えは捨て、赤ちゃんをお風呂に入れてあげてママに一人の時間を10分でもいいので自由な時間をあげましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。