「睡眠でモテる」良い睡眠はあなたの健康を支えてくれます!睡眠でモテる方法

みなさんが生活する上で試験前や課題の提出に追われ、削る時間として真っ先に思い浮かぶのが「睡眠時間」だと思います。

若い時は1日くらい寝なくたって平気と考えている人もいるかと思いますがそれは体が無理しているだけなのです。

あなたが正しく睡眠をとることで、

・記憶の整理や心身の疲れを回復
・集中力の向上や傷んだ体のメンテナンス
・肌がキレイになり第一印象が良くなり、モテる

これらを手に入れることができます。

寝てもしっかり疲れが取れないや寝つきが悪い人には特に重要です。

しっかりと、この場で解決策を見つけ、明日からより良い生活を送ってほしいと思います。

睡眠の目的


睡眠にはただ体を休めるだけでなく他にも様々な目的があります。

心身の休息と傷んだ体のメンテナンスや、その日学習したことを脳が整理し定着させるのも睡眠によってもたらされる効果です。

10時〜2時はゴールデンタイムと呼ばれ、成長ホルモンが一番分泌しやすい時間帯です。

この時間に体を休めることができればより効率的に体を労わることができます。

しかし睡眠時間を削ってしまうと体のメンテナンスが不十分となり、疲れが残ったり前日勉強したことが記憶として定着していなかったりと様々なデメリットがあります。

ゴールデンタイム(10時〜2時)に多く分泌されるホルモンで、疲れをとり、傷ついた体の部分を修復してくれる役割があります。
その他にも寝る前の食べ過ぎや飲み過ぎは、消化、吸収に余分な労力を使ってしまうため、体のメンテナンスが疎かになってしまいます。

しっかりと睡眠をとっていたとしても体は休息を取れていないのと同じになってしまいます。



睡眠を妨げる因子


しっかり寝ているつもりでもすっきりと起きれない人は何らかの原因が考えられます。

ここではいくつかの原因をご紹介していきます。

ストレスやプレッシャー

現代人はSNSなどの普及により日々様々な方面からのプレッシャーやストレスに晒されています。

しかしそのストレスやプレッシャーなど精神的に問題を抱えていると睡眠に支障をきたすことになります。

・仕事のことを考えるとそわそわして落ち着けない
・布団に入ると色々考え、頭が冴えてしまう

このような状態の時は脳が活性化してしまっているのでなかなか眠りにつくことが難しく、眠りにつけたとしても夜中に何度も起きてしまいます。

アルコールとカフェイン

「アルコールを飲むと眠くなるよ?」

と思った方はいると思いますがアルコールは寝つきを良くしてくれますが、睡眠の質は下がります。

血中アルコール濃度が高い状態で寝てしまうと眠りが浅くなったり夜中に何度も目が覚めてしまうなどしてしまいます。

カフェインも睡眠の質に悪影響を与えてしまいます。

カフェインと聞くと徹夜で勉強している時に飲むコーヒーなどを思い浮かべる人もいるかと思いますがまさにそれです。

しかしカフェインの覚醒作用は人それぞれですので一概に眠くならないとは言いにくいです。

しかし睡眠の質を下げてしまうのは確かです。

生活習慣の乱れ

食生活の乱れもありますが、不規則な生活で就寝時間と起床時間がバラバラだと体の体内時計がうまく働きません。

体内時計がうまく働かなくなると、「体はいつ寝るのか?」「いつ目覚めるのか?」がわからなくなり緊張状態が続いてしまうのです。

体内時計を正しくする為にも就寝時間と起床時間をある程度決めておきましょう。

その睡眠の間は体をしっかりとメンテナンスを行い、しっかりと休息することが出来るのです。

近年ではスマートフォンの普及によって子供の不眠症も増えてきています。

SNSやゲームを夜遅くまですることによって睡眠時間がしっかりと確保出来ていないのです。

さらにスマートフォンの光によって神経が刺激されることにより、寝つきが悪くなったり眠りが浅くなってしまうことがあるのです。



正しい睡眠時間は?


理想は7〜9時間です。

仕事の日は睡眠時間短めで休みの日に寝だめをする人は要注意してください。

体が無理をしている可能性があり、いずれ体に悪影響を与える恐れがあります。

寝だめは研究でも明らかになっていますが体にとって有効とは言えません。

たまに睡眠時間が短くても平気なショートスリーパーがいますがこれは特殊例です。

休日と出勤日で睡眠時間に明らかに差があると睡眠の質を下げてしまいます。

もちろん今の状態で昼間に眠気はなく、集中力の低下や体調不良がないのであれば問題ありませんが、何らかに問題があるのであれば見直す必要があります。

睡眠の質を高める

睡眠の質を高めるには「睡眠量、習慣」が必要になってきます。

理想としては「ベッドに入って30分以内に寝ることができ、夜中目覚めることがなくスッキリと朝を迎える」ことです。

では理想を叶える為にはどうすればいいのでしょうか?

専用マクラで矯正!【スローコア】

リズムを整える

リズムとは「就寝時間、起床時間を一定にする」ということです。

毎日時間がバラバラだと体が「いつ休んでくれるか?」「いつ起きるのか?」がわからなくなります。

緊張状態が続くことにより睡眠をとっているのにしっかりとした休息にならなくなってしまいます。

その為にも毎日なるべく同じ時間に寝るように心がけることで睡眠の質をあげることができるのです!

体温調節をする

睡眠と体温には密接な関係があります。

人の体は体温が下がると同時に睡眠モードになります。

この熱放出は自然に行われますが、手足先が冷たいと熱放出がうまくいかず体温が下がりにくくなります。

そうすると睡眠モードにうまく入れなくスムーズに眠れません。

寝る前にお風呂に入ったり、手足先が冷えないように温めておくのも大切です。

強い光を浴びないようにする

スマホやパソコンの光は脳を刺激し、交感神経を活性化させてしまいます。

そうすることにより眠りにつきにくくなってしまうので睡眠前(30分前)には強い光を浴びないように工夫しましょう。

心拍数、血圧を上昇させる働きがあります。
別名「闘争神経」とも呼ばれています。交感神経が活発化することによりリラックスとは真逆の反応が体内で起こってしまうため、寝る前はなるべく交感神経を刺激しないように心がけましょう。

飲酒・カフェインを控える

飲酒は入眠しやすいですが睡眠の質を下げてしまいます。

カフェインは覚醒作用があるため入眠しにくくなり、睡眠の質も下げてしまいます。

カフェインは人により効き目が異なりますので一言では言えませんが、就寝時間の3時間前から飲酒、カフェインの摂取は控えましょう。

枕を変えてみる

これも意外と重要になります。

確かに寝る前にカフェインを摂取してしまえばいくらいい枕でも眠ることはできません。
自分にあった枕を使うことにより血流の流れを良くすることが出来ます。

自分に合わない無理な体勢の枕を使い続けると血流低下に伴い、肩こりや首こりの原因とともに疲労感などが抜けないこともあります。

よく旅先で枕が替わると寝れないという経験はありませんか?

枕1つでも睡眠の質を大きく変えるのです。

ですのでしっかりと自分に合った枕を選ぶことで睡眠の質をあげることが出来ます。

これを機に新しい枕選びをしてみてはいかがでしょうか?

このように睡眠には様々な効果があります。

みんなが削りがちな睡眠ですが体にとっては大事なものです。

自分の睡眠を改めて考え、自分にあった解決策を見つけてみてください。

良い睡眠をとることにより

・集中力の向上により仕事でミスがなくなり認められる
・体調不良やイライラがなくなり、余裕ができることで器の大きい人にみられる

良い睡眠をとることであなたにデメリットはありません!

しっかりと睡眠が取れると仕事が捗り、精神的に安定してきますので、小さなことでもイライラしなくなります。

さらにしっかりと休養できるのでお肌もキレイになり第一印象も良くなります!

睡眠は私たちの生活と切っても切り離せない関係にあります。

それを今から見直すことで明るい明日を迎えられます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。