歯磨きの方法を知らないあなたへ!正しい歯磨き粉の選び方と効果

あなたは歯磨きをすれば虫歯にならないと思っていますか?

もしそう思っていたら危険です!

歯磨きは、正しい使用方法で目的にあった歯磨き粉を使用することにより最大の効果を発揮します。

・歯ブラシ、歯磨き粉はあるものを使う
・歯を磨いてすっきりすればOK

これに当てはまったら危険です。

歯を失ってからでは手遅れです。

最後まで読み、できることからしっかりとしていきましょう!

歯磨き粉の一番の目的って何?


歯磨き粉には、歯垢が再び形成されにくくし、歯にこびりついた頑固な着色を取り除く効果があります。

歯磨き粉も歯ブラシも歯垢を取り除くことに変わりはありません。

しかし、それぞれ役割は違います。

歯ブラシは「物理的」に歯垢を落とす。
歯磨き粉は「科学的」に歯垢を落とす。
歯磨き粉には研磨剤も入っているため、物理的に落とすことも出来ますがプラークの原因となる細菌を「殺菌」することは歯磨き粉ならではの役割です。

基本的に歯磨き粉は化粧品と医薬部外品の2種類に分けられます。

今現在、日本で売られている歯磨き粉のおよそ90%は医薬部外品に該当します。

医薬部外品には虫歯や歯周病の予防、知覚過敏を抑えるような薬用成分を含んでいることがあります。

その他にも、特化した商品は数多くあります。

・虫歯予防や歯周病の予防用
・知覚過敏症用
・着色予防用
・ホワイトニング用

など様々。

それぞれに特化した商品を上手く利用することで、それぞれの効果が期待できます。

歯磨き粉は本当に必要か?


結論から言うと、

歯磨き粉は必ず必要というわけではない!

ヨゴレを落とすだけの目的なのであれば、正しいブラッシングができれば歯磨き粉を使う必要はありませんし汚れを十分に落とすことが出来ます。

歯磨き粉の成分には研磨剤、発泡剤、香料、薬用成分などから成り立っています。

歯磨き粉を使うことによるデメリットもあるのでそれぞれ紹介していきましょう。

デメリット1:発泡剤のアワ

ほとんどの商品に発泡剤が含まれています。

目的は歯磨き粉を歯のスキマなど隅々まで行き渡らせるのが目的ですが、その泡が歯磨きの邪魔をしています。

アワのデメリット
どこに汚れがあるかみえなくなる
気持ち悪くなる
アワがたくさん出ることによりたくさん磨いたと錯覚する

などといったデメリットが挙げられます。

対策としては、歯磨き粉の種類に発泡剤の含んでいない商品を選ぶことです。

気になる方は成分表をチェックしてみてください。

デメリット2:香料の落とし穴

香料が含まれていることで歯磨き粉の「すっきりとした爽快感」がきれいに磨けたと錯覚してしまい、時短歯磨きを誘発してしまいます。

歯にこびりついている汚れは歯磨き粉ではなく歯ブラシの毛先がたることによって取り除くことができます。

爽快感だけで汚れは落ちてくれません。

デメリット3:研磨剤の効果

歯磨き粉の中に研磨剤が含まれることで歯の表面についた汚れが落ちやすくなります。

しかしここで一番気をつけてほしいのは歯の表面を傷つけてしまうこともあるということです。

・歯の表面が弱い方
・高齢の方で歯が弱っている方

この方が研磨剤入りの歯磨き粉を使用してしまうと、歯を傷つけ、結果的に虫歯になりやすくなってしまいます。

入れ歯を磨く際、研磨剤入りの歯磨き粉を使用される方もいますがこれは控えましょう。

研磨剤によって入れ歯の表面を傷つけてしまい、そこから菌が繁殖しやすくなります。

今では入れ歯を外し、浸けておくだけでしっかりと除菌してくれるものがあります。
そちらを使用しましょう。

このように歯磨き粉も使い方次第では歯を痛めてしまうことがあります。

しっかりと自分の歯と相談し、使用する歯磨き粉を選びましょう。

正しい歯磨きのタイミング


多くの方は朝、昼、晩食後に行っている方が多いと思います。

これが落とし穴です。

食後というのは唾液がたくさん出ているため、むしろ口の内はとてもきれいです。

それは食べ物を食べることにより唾液がたくさん分泌されます。

唾液は殺菌効果などもあるため、口臭予防にもなります。

さらに、食後は歯の表面が酸性になっています。

この状態で歯を磨くと表面を傷つけてしまうことがあります。

なぜ酸性の歯に歯磨きはダメ?
表面が酸性化していると表面が傷つきやすくなる為。
この状態で研磨剤入りの歯磨きをすると、歯に大ダメージ。
食後は口の中がすっきりしないから歯を磨きたいという人も多くいるかと思いますが、食後30分〜1時間後にすることをお勧めします。

食後から少し時間を開けることで歯の酸性化がおさまり、傷つきにくくなります。

まとめ

今までは、

歯磨き=正義

と思っていた方もいと思います。

しかし、使い方次第で歯を痛めてしまうことがあります。

今までは何となく使い慣れた歯磨き粉を選んでいたあなた。

これからは裏の成分表を確認しながら、自分に合った歯磨き粉を選ぶように心がけましょう。

ハブラシも毛先の強さが何種類もあると思います。

それぞれ好みもあると思いますが歯医者さんなどで相談し、自分の歯とよく相談して今の自分にあったハブラシを選びましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。