あなたの体臭大丈夫?誰でもできる対策を今日から!原因は食事と水分補給?

体臭と一言でいっても、発生しやすい部位やその臭いの原因は様々あります。

例えば同じ頭でも耳の後ろや頭頂部で発生する体臭では原因が異なります。

このように臭いが発生する部位は人それぞれ違うのです。

原因が違うということはそれぞれ対策も変わってきます。
体臭を効率よく予防するには、その原因を突き止め、それぞれに適した対策をとる事が重要になってます。

あなたがしっかりと体臭を予防、ケアする事で

・異性からの好感が上がる!
・自然と異性との距離が近くなる!

これらをまとめて手に入れる事ができます。

一番やってはいけないことは臭いを消さず、香水などで臭いを誤魔化そうとすることです。

これをしてしまうと体臭と香水の臭いが混ざってしまい、より、近寄りがたい臭いになってしまいます。

自分で自身の体臭は気がつきにくいとは思います。

ふとした時に気になったり、最近、人と話すときに距離を感じたら自分の体臭について考えてみたほうがいいでしょう。

体臭とは?


よっぽど服を洗っていない子供の場合を除いて、体臭の強い赤ちゃんや子供に出会ったことはないと思います。

体臭というのはだいたい30代を過ぎたあたりから、年齢を重ねるごとに臭いが変化し、「臭い」として感じられるようになります。

遺伝的、体質的なワキガ(脇臭)を除いた、他の多くの臭いの原因は、生活習慣の乱れ、生活習慣病による加齢現象によるものです。

臭いによる「オヤジ化」を抑え、今から自分のライフスタイルを見直していきましょう!

体臭を発生しやすくなる要因


・野菜や果物に含まれる食物繊維の不足
・食事の欧米化(肉食が多い)
・早食い、胃が悪い
・便秘を起こしやすい
・アルコールをよく飲むor肝機能が悪い
・中性/内臓脂肪が多い
・代謝が悪い(汗をあまりかかない)
・ストレスが多い
・生活習慣病(糖尿病など)を持っている

これらに当てはまる人はなるべく早めの対策が必要になってきます。

胃が悪いなどのでは消化不良が原因で、腸内環境が悪化し、食べ物(主にタンパク質)の腐敗に伴った臭い分子が生成されます。

体臭が、「腐った卵の臭い」、「アンモニア臭」などはこれらの消化器官や食生活に問題があると考えたほうがいいでしょう。

臭い分子は有毒物質のため、体を酸化させ、老化やガン化の原因にもなります。

便やおならが臭いのはこの臭い分子が生成されている証拠になります。

その他にも、汗が臭いの原因になるのは、皮膚表面に存在する常在菌によって分解され、酸化することによって発生するものです。

それが衣類につき、そのまま放置してしまうと酸化がどんどん進み、臭いがきつくなってしまいます。



水分を控えて汗を抑えるは間違い!


よく多汗症で悩んでいる人の中で「汗をかかないように水分摂取を控える」という人が多くいます。

ですがこの考え方はとても危険です。

そもそも汗とは体温調節をするために重要な役割があります。

水分を控えても体温を下げなければいけない時は、水分摂取しなくても汗はかくようになっています。

逆に汗をかく必要がなければ、いくら水分として摂取しても汗ではなく、尿として排出されるようになっています。

もし暑い時に汗対策として水分摂取を控えてしまうと脱水症状を引き起こしてしまいます。

脱水が原因で体臭がキツくなる!?


脱水症状になってしまうと、便秘を引き起こしてしまいます。

便秘状態が続いてしまうと、腸内で分解していた臭い分子が便として排出されにくくなってしまいます。

そうすると臭い分子の一部は腸から吸収され、それが汗や息として体外に排出されてしまうため、体臭が強くなってしまいます。

もし汗をかくのを抑えるために水分を抑えているようであれば、積極的に水分補給をしましょう。

そうすると結果的に腸内環境が整い、体臭の悩みも改善できるかもしれません!



臭いを軽減させる方法

ワキガ編

食生活、ストレス、脇の下が不衛生であることがワキガを悪化させる原因と言われています。

ですのでこれらの原因からアプローチしていくことが最優先となります。

そもそもワキガは遺伝的な要素が大きく影響しています。

もちろん、臭いを増幅させる食生活やストレスを取り除くこともいいですが、ワキガに関しては、根本的に治すには病院での治療が必要になってきます。

食生活やストレスを取り除いてもワキガをなくすことはできません。

一般的に手術ですが、最近では薬やレーザー治療もありますので、まずは近くの医師に受診することがオススメです。

汗を減らす

汗はアポクリン腺とエクリン腺の2種類あります。

これのうちアポクリン腺から分泌された汗が原因で臭いが発生します。

しかし、汗自体は無臭なのですが、細菌に分解されることで臭いが発生してしまいます。

汗を分泌する量や汗腺の量は個人差がありますが、皮膚に上にとどまっている汗を減らすことで臭いを抑えることができます。

ですので汗をかいた際は、タオルなどでしっかりと拭くように心がけましょう!



細菌を減らす

汗を分解する常在菌は、身体を外部から守ってくれる働きがあります。

しかし、適度な量が維持されず、常在菌の量が増えてしまうと体臭として臭いを発生させてしまいます。

その場合は、細菌の繁殖を抑えたりしてくれる石鹸やボディーソープがありますので、それらの商品を選んで購入するようにしましょう!

毎日入浴して肌をきれいに保つ

水だけでは落としきれない汚れもありますのでボディーソープなどを使い、肌についた汚れをしっかりと落としてあげましょう。

身体を洗う際、ゴシゴシと洗ってしまうと肌を傷つけ、逆に菌が増殖しやすい環境になってしまいます。

ですので身体を洗う際はゴシゴシ力を入れて洗うのではなく、優しく洗ってあげましょう!

衣類をケアする

肌を清潔に保つのと同様に、肌に触れる衣類もしっかりとケアしましょう!

汗を吸収した衣類は臭いの原因になりやすいので、なるべく交換しましょう。

しかし、下着やその他の衣類の繊維に入り込んでしまった臭い菌は普通の洗剤では落としきれない場合があります。

臭いのきになる衣類はつけ置き洗いをすることで、繊維の奥まで入り込んだ臭い菌を除去することができます。

有酸素運動する

身体の中の酸化を防ぐ方法として「有酸素運動」が有効です。

酸素を多く取り込みながら、緩やかな運動をさします。ウォーキングや水泳などが代表的な有酸素運動です。

有酸素運動は乳酸が溜まりにくく、身体の酸化を抑制してくれる働きがああります。

しかし、無酸素運動(激しい運動)をしてしまうと、乳酸が溜まりやすくなり、身体の酸化を促進してしまいます。

ストレスをしっかり発散する

ストレス汗臭はアンモニア臭に近い臭いがします。

原因は名前の通り、ストレスですが他にも睡眠不足も関係してきます。

自分自身でストレスの原因をなくすことができるのであれば何も問題ではありませんが、必ずしもそうできるとは限りません。

ですのでそういった場合は、ストレス汗臭を防ぐ商品もあります。

それを使ってケアすることで臭いを防ぐことが可能です。

便秘を治す

腸内環境が悪く便秘になってしまうと、腸内に溜まった便や発酵ガスが体内をめぐり、汗などとともに全身から出てしまうことがあります。

便秘臭は誰にでも起こりうる体臭でもあります。

便秘臭を抑えるためにはまず便秘を治すことからです。
便秘について詳しくかいてある記事がありますので、気になる方は読んでみてください。

あなたの体臭は大丈夫ですか?

色々な体臭について触れていきましたが、もしかしたらあなたもに見覚えのものがあったかも知れません。

誰かに指摘されてからでは手遅れです。
誰かに気がつかれる前に今すぐ行動しないと、後悔してしまいます。

あなたがしっかりと体臭ケアすることで・・・

・好きな異性との距離を近づける
・いい印象をもたれる

あなたが体臭ケアすることで、これらを手に入れることができるのです。

体臭がキツい人と一緒にいたくありませんよね?

もちろん、相手も同じです。ですので今からすぐに行動に移し、相手に良い印象を与えましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。