水を変えるだけで健康に!見た目を綺麗にするならまずは内側から

年齢による肌に衰えや髪のパサつきはなぜ起こるのでしょう。

それを全て「年齢だから」と何もせずに過ごしていないでしょうか?

それはあなたの行動次第で変える事ができます。

あなたがこの記事を読む事で

・肌や髪の毛を若々しく保つ事ができる
・水の重要性を実感できる

これらを手に入れる事ができます。

水といっても人の体に60%ある大切なものです。

この機会にしっかりと水(シリカ)と向き合い、美容を見直しましょう!

シリカ(水)とはどのようなものか?


シリカ(ケイ素)はお肌や髪の毛、血管や爪などありとあらゆるものに必要な成分です。

コラーゲンやヒアルロン酸を作ったり、強化してくれる働きがあるのです!

ミネラルの一種であるシリカを含んだ水をシリカ水と呼びます。

このシリカ水はミネラルが豊富なので美容と健康に効果を発揮してくれます。

これほど重要な栄養素ですが残念ながら体内で生成することができません。

シリカは年齢とともに減少し、野菜やその他の食品にも含まれていますが、含有量が少ないため摂取するのがとても大変です。

ではどうしたら効率よく摂取できるのでしょうか?

それは水として摂取する事です。

水としてシリカを摂取すると吸収率は80%を超えます。
それほど水は体内に吸収されやすいのです。



シリカが不足すると?


シリカが美容や健康に関係していることは少しは理解していただけたと思います。

では不足してしまうと体にはどのような変化が起こるのでしょうか?

爪や髪の毛がパサつく

いくら美容院でお金と時間をかけても枝毛が増えたり、髪の毛がパサつき、くしが通りにくくなったりという事が起こり始めます。

爪であればヒビが入ってしまったりしてしまいます。コラーゲンは年齢を重ねる事で、体内のケイ素量が減少し、潤いが無くなってしまうからです。

30代を過ぎてくると赤ちゃんの時の半分の量まで減少してしまいます。

さらに体内で生成することも難しくなってくるため、この状態では以前のような潤いを保つ事ができません。

もし、髪のパサつきや爪のひび割れが気になり始めたらシリカ不足かもしれません。

肌の乾燥が気になり始める

これもシリカ不足でよく起こることです。

しかし、シリカが不足することでお肌の乾燥だけでなくタルミやシワにも影響してきます。

もちろん水からシリカを摂取する事が一番効率がいいですが食べ物からも摂取する事ができます。

代表的のものとしてはジャガイモや小麦に多く含まれています。

関節痛(特に足腰)に痛みを感じる

シリカ(ケイ素)は軟骨を形成する重要な役割も担っています。

軟骨の主成分であるケイ素が不足する事で足腰に痛みを感じてしまうのです。

ここでそのままにしておくと骨に負担がかかってしまい、骨粗鬆症のリスクがあがってしまいます。



シリカの特徴


シリカを摂取する事でカラダにどのようないい影響を与えてくれるのでしょうか?

お肌ぷるぷるになる

皮膚にはコラーゲンやヒアルロン酸がたくさん含まれていますがシリカが不足する事で、これらの成分が不足してしまいます。

シリカはこれらの成分を結びつけてハリや弾力を保ってくれます。

ハリや潤いを保つ事でシワやタルミを予防することにも繋がります。

髪や爪が綺麗になる

シリカは組織同士を繋げる役割があります。それは髪や爪にも大きく関わってきます。

弾けて見える原因に「パサついた潤いのない髪」「割れた爪」があります。

ですがこれはシリカをしっかりと摂取することで防ぐ事ができます。

骨を丈夫にして、関節を錆びつかせない

骨を形づくる成分で一番使われているのがシリカです。
シリカを維持する事で、骨密度の低下や軟骨の強度を保つ事ができます。

骨以外にも関節を組み立てている靭帯、腱でもシリカは重要な役割を担っています。

シリカを補う事で骨粗鬆症を予防するとともに関節痛に悩まなくなります!

血管を若々しく保つ

シリカやコラーゲンは血管の弾性力を保つために重要な成分です。

血管の弾性力が無くなってしまうと、血流が悪くなったり、血圧に影響を及ぼすなど悪影響ばかりです。



シリカ水は長期保存可能


シリカ水の賞味期限は未開封であれば2年近く保存が可能なため、利便性にも優れています。

基本的に毎日の飲料水として使用する方がほとんどですので、あまり賞味期限を考えたことはないと思いますが、災害時などの貯蓄水としても活躍できます。

東日本大震災のような災害時には十分な栄養をとる事ができず、栄養不足になってしまいます。

避難所では衛生状況もあまり良くないため、栄養不足になると免疫が低下し、風邪などにかかりやすくなります。

しかしシリカ水があればミネラルが豊富ですので、栄養不足を感じることは少なくなり、風邪などの病気もかかりにくくなります。



正しいシリカ水の選び方


スーパーやコンビニに行くと様々な種類の水が売られています。

水は何を基準に選べばいいのでしょうか?

シリカ以外のミネラルに注目

シリカ水を選ぶのであれば、せっかくですからシリカ以外のミネラルも豊富に含まれている方が得です。

より健康効果を高ねたいのであればミネラルを補給してあげることです。

ラベル裏に必ず成分表がありますので、購入する際は目を通してみるといいでしょう!

軟水?硬水?硬度はどれを選ぶ?

水の硬度の基準となるのがマグネシウムとカルシウムイオンの含有量です。

含有量が少ないのが軟水。含有量が多いのを硬水と呼ばれています。

・軟水
日本食に適しており、お茶や炊飯に使うのであれば軟水がオススメです。

お茶の風味が出やすく、お米がふっくら炊き上がります。

日本人はお腹が弱い方が多いため、軟水を選んだ方が続けやすいかも知れません。

・中硬水
飲みやすさとミネラルのバランスがとてもいいのが特徴です。

飲みやすさとミネラル量の両方を重視したい方にはオススメです!

コーヒーやお茶も十分に美味しくいただけます。

・硬水
ミネラルをたっぷり含んだ硬水は飲みごたえがあります。

運動後などの汗をかいた時のミネラル補給にピッタリです。

しかし、ミネラルが多く含まれているため、独特の味を感じてしまう方もいるため人によって好みが分かれてきます。

さらにお腹が弱い方が飲むとお腹を下す原因になります。

あまりお腹に自信がない方は硬度の低い水から始めていきましょう!

安全性をチェック

毎日飲む水ですから安全である必要があります。

今、市販で売られている水は安全基準をクリアしているものですので心配する必要はそれほどありません。

きになる方はパッケージを確認したり、ホームページなどをみて安全基準や企画をクリアしているかをチェックしてみるといいでしょう。

ウォーターサーバーを使用する

家族が多い方や毎日買いに行くのが面倒な方にはオススメです。

大容量の水を定期的に宅配してくれるので、買いに行く面倒も、重い水を運ぶ手間も省けます。

さらに温水と冷水を使い分けできるためお湯をわざわざ沸かさなくてもすぐに使えるのがメリットとなります。

定期的に業者がメンテナンス、クリーニングなどの衛生管理に来てくれますので汚れなどを気にする心配もありません!

ぜひ興味がある方は使ってみてください!



水と一言で言っても様々な種類があり、選ぶのが大変です。

しかし毎日飲む水だからこそしっかり見極める必要があります。

シリカ水を選ぶことで

・体の内側から綺麗になる
・健康を維持できる

これらを手に入れることができます。

毎日飲むものですので、今日から飲み水を変えるだけでいいのです。

あなたや大切な家族のために今から水選びを始めてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。